FC2ブログ

* Novel List



NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タグ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タグ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

「BLUE_LIGHT」
  Episode.0 不思議の国のアリス  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.03.01 ~  執筆
 お姉さんと一緒のピクニックの間、アリスという名前の女の子は退屈していました。 赤いチョッキを着て「あぁ遅刻だ遅刻だ!」 とつぶやいている白うさぎに興味をひかれたアリスは、白うさぎを追いかけて穴の中に飛び込みます。 アリスは非現実の、地下世界の夢の中へと落っこちてしまったのでした。 白うさぎを追いかけようとしているうちに、アリスは幾つもの災難に出くわします。 アリスは巨人のように大きくなったり、 ...

 01 プロローグ 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「ARUTOYU_MA」
  第一章 白き乙女  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.02.01 ~  執筆
「……もう、わらわの力だけでは、この世界を支えられぬ」 幼き声が、ぽつりと零した。 小さな泣き言。小さなあきらめの言葉。 それがただの幼子の言葉なら、その子を慰めれば済む話であろう。「崩壊しか待てぬのか……? わらわは、この世界を見捨てねばならんのか?」 大きな瞳に涙をため、必死でこらえるも泣き言を漏らす声は震えてしまう。 今まで慈しんできた世界だからこそ。 今まで愛してきた世界だからこそ。 これまで...

 プロローグ 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  黄金色を探して  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.26 ~  執筆
「琥珀色の王太子は、囚われの姫君の新たな拠り所に」 アウトキリア国の王太子は、高き塔の天辺に閉じ込められていた紫色の魔女の娘と出会い、彼女を魔女の元から連れ出した。 【紫色の娘】の身の内に秘めていた力は、紫色の魔女の体を傷つけて、彼女を手放させる決心を促した。「淡褐色と灰色の兄妹は、林檎の魔女より逃げ出して」 美しいものを収集する林檎の魔女に魅入られた、不思議な光彩を持つ兄。唯一の血縁者である兄を...

 01 魔女協定 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「ARUTOYU_MA」
  勇者チャット板  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.25 ~  執筆
1.創造神シラヒメ(零)《扉》をくぐり抜けた勇者たちよ久しいな、シラヒメじゃなんぞ、地球には面白い“しすてむ”とやらがあると聞いてな面白そうじゃ……んんっ、便利じゃと思い、さっそく導入してみたのじゃ!有効に活用し、種の駆除に勤しむのだぞ!尚、不適切な発言は自動的に伏字になるようになっておる“まなあ”と“もらる”をしっかり守るのじゃ!2.魔法戦士アカツキ(金銀の炎)おつおつー面白いものができたと聞いて3.刀使いマ...

 総合《掲示板作ってみた》 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  親愛なる蒼姫へ  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.24 ~  執筆
 あたしは、あなたに恋をしました。 いわゆる一目惚れってやつ。水面に顔を出したあたしは、あなたが乗っていた船を見つけたの。その時。 物憂げに海を見つめるあなたの横顔に、あたしは身体中に電流が走りぬけたような気になったわ。電気クラゲのあれなんか、目じゃないくらいに。 だからあたしは、陸まで貴方を追い掛けた。 お父さまに謹慎を言い渡されて、お姉さまたちには必死で止められたけど。それでも、いそぎんちゃく...

 01 一目惚れ 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  虹色の笛の音は  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.23 ~  執筆
 楽しい楽しいパレードのお出ましだ 足並みそろえて 拍子をとって みんな笑顔で 行進しよう 掛け声合わせて いち、に、いち、に 楽しい楽しいパレードのお通りだ さぁさ元気に勇ましく よい子もわるい子も泣き虫も みんな集まれ パレードに 進めや進め パレードと いちにのさんで突撃だ「さて、パレード参加者の諸君。今宵も愉快で滑稽なる行進を始めようではないか」 甲高いピッコロの音色を鋭く響かせて、彼は隊...

 01 新聞記事 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  白き姫君  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.20 ~  執筆
 雪のように白い肌。黒檀のように黒い髪。血のように赤い唇の、美しい容姿をした姫君。 深い森の奥に、ひっそりと歴史を刻み続けているかの国で、彼女は生を享けた。 年齢を重ねるごとに美しさを増す彼女は、生母が亡くなった悲しみも乗り越え、新しい母親たる王妃をも心から迎え入れた。 城下まで聞こえるその噂に違わず、外見もその心も美しい姫君の名はマリア。 正式名称は途中で舌を噛んでしまいそうなほど長いため、正式...

 01 逃走劇 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  緑色に口付けを  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.19 ~  執筆
 ふわふわと揺れる長い髪。 毛先に移るにつれて赤からピンクに変わるグラデーションはお気に入り。 緩いウェーブをかけて、リボンで二つに結ぶと歩くたびに人目を引くこと間違いなし。 とびきり素敵な華奢な靴を履いて、レースとフリルがふんだんにあしらわれた短めのドレスを細身の身体で着こなして、透かしの入った日傘をさすの。 お気に入りの色のグロスを小さな唇にのせて、パッチリと大きく見えるように目元には気合いを...

 01 カエル 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  ARUTOYU_MA  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.18 ~  執筆
ARUTOYU_MAとは 願いを一つ叶える代わりに、異世界の災厄の種と呼ばれるモノを駆除する物語である。 異世界召喚物成長物語に分類分けされ、世界観シェアを掲げている。 唯一神雪姫は、自己の世界に直接干渉ができない。だからこそ、異世界人を見繕い、召喚している。チート能力付加で、週に一回、時間の流れを変えながら召喚している。災厄の種を駆除し着るのが目的。 願いを叶えるといっても、そこは選んでおり、主に自分を変...

 ARUTOYU_MAについて 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  猫の瞳は琥珀色  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.18 ~  執筆
「号外、ごうがーい!!」 新聞売りの少年が、声変わり前のボーイソプラノを響かせて、号外の記事を散らし回った。 誰かの手に渡るだろうと、多くの人に見てもらえるだろうとしてだろうか。 ひらひらと、少年の通った後に粗悪な紙が舞い落ちる。 商用地区の五番街に号外など珍しい。 大通りを行き交う人々は、足早に進めていた足を止め、号外の記事を手にして目を通す。「王太子殿下の婚儀が執り行われる、か」「あぁ、暗い世の...

 01 号外 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「零れ話」
  開拓者Online  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.13 ~  執筆
 私たちは、開拓者様のお手伝いをする……小作人として開拓者統括本部より新規参入開拓者様へと渡される存在。 有体に言えば、奴隷だ。 新規開拓地に行くのは怖い。どんな開拓者様の元に引き渡されるのか怖い。これからどうなってしまうのか、とても、怖い。 怖いで沢山あふれている未来に期待なんか出来なくて。それでも本部長様のお言葉は私たちに希望を持たせてしまう。……希望なんか、持ちたくないのに。「開拓者へ尽くすこと...

 お母さんと一緒 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  橙色の灯火を  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.12 ~  執筆
「いつか君を迎えに行くから、それまで待ってて」キミは確かにそう言ってくれたんだ。忘れなんかしない。衝撃的過ぎて忘れられなかったくらいだから。「約束する、絶対戻って来るって」「本当に? 本当に戻って来てくれるよね?」「本当だよ。だから、僕のこと信じて待っててくれる?」真っ直ぐ向けてくるその瞳に、嘘なんかないって分かった。キミは嘘を吐くと視線が泳ぐから、間違いなんかない。信じてもいいんだって思えるんだ...

 01 指切り 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  BLUE_LIGHT  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.10 ~  執筆
BLUE_LIGHT~海賊アリス~(以下蒼光)は、『不思議の国のアリス』を中心とした童話モチーフの長編小説です。『ラブとシリアス、そして謎』を意識しながらの逆ハーっぽいお話でもあります。≪概要と傾向≫*前半は暗めで重いシリアス調。*後半は思い出したように角砂糖を投下。*短編は読みきりですが、糖度は高め。*全七部構成ですが一部辺り10万時超える長編です。このお話は戦闘シーンによる流血シーン等の少々生々しい描写を書...

 登場人物簡易設定 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  淡褐色と灰色  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.10 ~  執筆
『親愛なる義母さんへ 父さんがいなくなってから、義母さんにはとてもお世話になりました。 私がこうして無事十六まで何事もなく生きれたのは、義母さんが扶養家族として迎え入れてくださったからだと、とても感謝しています。 ですが、そうも長々と甘えてばかりはいられないので、私は家を出ていきます。 義母さんにこれ以上迷惑は掛けられませんから。 自分で立派に稼いで自立して生きていきますので、心配はしないで下さい...

 01 手紙 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「Hazel amd Gray」
  紫色の娘  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.07 ~  執筆
 涙がつぅと頬を滑り落ちて目が覚めた。 どうして泣いているかなんて分からないけれど、伝い落ちる雫は確かに涙だった。「……泣くな」 ごしごしと、貴方が少し乱暴な手つきで私の頬をこすった。 ぱちぱちと瞬きをするたびにこぼれ落ちる涙は、どうしてか止まらないの。 じくじくと痛む胸に止まらない涙。 拭ってくださる貴方の手の温度に、涙は勝手に流れてしまう。「だから、泣くなって言っているだろうが」 私だって、泣き...

 01 涙 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「零れ話」
  幸運少女  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.07 ~  執筆
 思えば、ボクは家族に憧れていたのだと思う。 無条件で受け入れてくれる存在。伸ばしたら掴みとってくれる手。甘えても、寄りかかっても、仕方ないなぁって、許してくれる人。 多くの人にソレはあって、ボクにはない。 それが酷く虚しくて、どこか常に空っぽで、どうしても欲しくて。 それを手にすることが出来るかもしれない力を持っていたのは、果たして幸か不幸か。 ゆっくりと、紡ぐ。「ここに、来て」 ふわりと、魔素...

 そのいち。 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「零れ話」
  フローレシアたん  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.07 ~  執筆
「フローレシア、聞いてくれよ……」 はいはい、今日はどうなさいましたか。「あの馬鹿がさ、今度は何したと思うっ!?」 模擬刀でボコボコにされましたか? それとも、女官の前でひん剥かれましたか? もしくは町での飲みのツケの名義を書き換えられていたとか? ふむ、有力なのはこのへんでしょうかね。「訓練所に、落とし穴をたくさん作りやがったんだ……!」 落とし穴ですか。そりゃ古典的ですが大変な労力でこさえたんでしょ...

 五男、クロイド様 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop