FC2ブログ

更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2019年01月  】 

相談《求む、失われし言語》

勇者チャット板

2019.01.30 (Wed)

 1. 魔法戦士アカツキ(金銀の炎)【急募】失われし言語(ロスト・ファング)何故か理解できる奴がいるからとりあえず、知ってるの全部書き出して欲しいんだが!2. 弓使いヒュウガ(探求の闇)浪漫溢れる言葉に探究代表として!!!!3. 傀儡師アイナ(虚像の重)食いつきが早いwじゃー、アタシは虚像代表として!どうせヒーローはROMってても書き込まないだろうし!4. 細剣使いカナメ(幻想の光)気になるスレタイと思って覗いた...全文を読む

PageTop▲

20 望んだ未来

黄金色を探して

2019.01.29 (Tue)

 「お届け物でーす!」「はいはーい!」 アウトキリア国六番街のはずれにある、森の中に近い場所にひっそりと建っている小さな家。木と煉瓦で組み立てられた普通の小さな家から、ひょいと背の高い淡褐色の瞳をした青年が顔を出した。「こんな森の近くまでありがとね。はい、サイン。ついでにこれお駄賃」「わ、いいんですか!」「まぁ、無理言って届けてもらってるのはこっちだしね。今日も気を付けて帰るんだよ」「ありがとうござ...全文を読む

PageTop▲

19 幸せの青い鳥

黄金色を探して

2019.01.29 (Tue)

 「ねえグレイ! グレイったら! どこにいるのさ! 返事をしてよ!」 ゼルは瓦礫の山をかき分けて、グレイの姿を必死で探した。華奢で頑張り屋な自慢の可愛い妹。守りたいって、守るって決めたはずの、唯一の家族。 オディールらの話を信じるのなら、魔女となったグレイなら大丈夫だろうとは思うけれども、それでもやはり心配なものは心配なのだ。「少しでいいから返事をしてよ! 動けないならお兄ちゃん助けに行くから! す...全文を読む

PageTop▲

18 彼女の願い

黄金色を探して

2019.01.29 (Tue)

  足元から、地面が消え去るようなそんな感覚。 光の柱は、あの日塔から落ちる瞬間に見えたそれとそっくりで。嫌な予感しかしなかった。 あの日光に包まれて失ったのは、わたしの声と魔女のお母さま。 魔女のお母さまがいなくなっただなんて、本当にいなくなっただなんて、そんな言葉信じたくはないけれども。 それよりも、それと似た状況の今の方が、よっぽど信じたくなんかない。 だって、あの光の洪水がわたしの目に映るた...全文を読む

PageTop▲

17 二つの結末

黄金色を探して

2019.01.29 (Tue)

  光の柱が、天を貫いた。 まるでその場所だけに、天から裁きの光が降臨したかのような真っすぐな光。どおぉん、と地面を揺らす振動は塔にまで伝わり、見守っていた者たちの動揺を誘った。 ラプンツェルは声なき声でキースの名を叫び、オディールは唇を噛みしめて顔を覆った。今にも飛び出していきそうなゼルをロッドバルドは抑え、静かに光が消えるのを待った。 光の中心地は、先ほどまでドラゴンと戦っていた激戦地だったのだ...全文を読む

PageTop▲

16 決着

黄金色を探して

2019.01.29 (Tue)

  アンバーがグレイに伝えたのは、シンプルな作戦だった。 何を言っても気にするな。ただ自分を連れて、一定の距離を保ったまま逃げてほしいと。合図をしたら、急接近してほしいこと。 攻撃をするという知識だけを受け継ぎながらも、それを自分には活かせないことは嫌でも理解したグレイは、思考することを止めないようにしながらも、アンバーの指示に従った。「こうも大きければ、格好の的だな!」 吹雪の影響を受けない、ギリ...全文を読む

PageTop▲

15 打開策

黄金色を探して

2019.01.28 (Mon)

 「二人で無茶をするなっ!」 突然参入してきた鮮やかな赤毛の彼。アンバーにとっては見慣れた姿の彼は、炎を剣に纏わせて、その翼の膜に深々とした傷を斬り込み入れてきた。「殿下!」「っの、馬鹿!」 ぱちん、とグレイが焦ったように指を鳴らすと、反射的に襲い掛かってきたのだろう尻尾がキースの体にぶつかる前に空へと弾かれた。 尻尾の軌道を無理やり変えられたドラゴンの動きが一瞬止まった。その隙を逃さないアンバーは...全文を読む

PageTop▲

14 挑む者たち

黄金色を探して

2019.01.28 (Mon)

  知識だけでは、分かったつもりになっていた。「オノレ、小賢シイ!」 ドラゴンの鋭利な爪も、ずらりと並ぶ牙も。「それは、こっちの台詞でもあるわ!」 暴風を起こすかのような、強靭な翼も。「ぐぅっ!? さすがに、硬いな」 刃を通さないほどに硬い鱗も。「っ、アンバー引いて!」「ブレスかっ!」 ごうう、と雪を溶かし、地面抉り取る勢いの強いブレスの威力も。全部全部、分かったつもりでしかなかった。 聞くのと体験す...全文を読む

PageTop▲

13 問い掛け

黄金色を探して

2019.01.28 (Mon)

 「もうね、僕の妹ってば世界一可愛いの。何処が可愛いかって、そりゃまぁ外見はもちろんだよ? 可愛いのは当たり前じゃないか、僕の妹だからね! でも、それ以上にその内面? 性格っていうの? 最高だよ? 自分は冷静だって思っているのに、顔ではひどく動揺しているのが見えたり、自分の中でテンパってくると、落ち着いて行動しようって小さく呟いて、良しって自分で気合い入れるの。しかも、それ、他の誰にも見られてないバ...全文を読む

PageTop▲

12 彼女らの対峙

黄金色を探して

2019.01.28 (Mon)

 「もうっ、アタシたちのことは別にどうでもいいのよっ! そんなことよりも、もっと大切なのが、あのドラゴンのこと! ロッドバルドみたいな悪魔ならともかく、魔女の……しかも新米魔女のアンタにドラゴンなんて倒せるの?」 アレだって、元はと言えば魔女なんだから! 真っ赤な顔をしたまま話を逸らそうとしているオディールの言葉に、生暖かい目で見守っていたグレイはこてんと首を傾げた。「さあ? どうかしらね」「どうかし...全文を読む

PageTop▲

11 幸せな二人

黄金色を探して

2019.01.27 (Sun)

  ぱちん、ぱちん、と指を鳴らした。「気休めにしかならないけれど」「何をしたのだ?」「ドラゴンに対するおまじない」「対策魔法か、感謝する」「礼には及ばないわ、保険だもの」「うむ。ただ、一つ解せないのだが」「何かしら?」「何故、私は、今、猫の姿になって、しかもグレイに抱えられているのだ?」 アンバーは今、呪いを掛けられた時と同じ、猫の姿になっていた。もふもふと嬉しそうな声のグレイに抱きしめられて移動し...全文を読む

PageTop▲

10 囚われの者たち

黄金色を探して

2019.01.27 (Sun)

 「行くか」「えぇ」 アンバーがゆっくりと歩き出す後ろを、グレイが追いかける。 ふと、グレイは粉雪が舞う空を見上げ、片手を握りしめた。 ぱちん、と指を鳴らす。 そしてぐっと閉じられた手を、ゆっくりと開いた。現れたのは、何個もの青色の毛玉……小さな、青い小鳥たちだった。 ぴちちちち! と高い鳴き声をあげて、何羽もの青い鳥が薄水色の空に飛び立って行く。 グレイはぼんやりとそれを見送って、そしてぽつりと呟い...全文を読む

PageTop▲

09 取引と説得

黄金色を探して

2019.01.27 (Sun)

 「何を言っているの?」 怪訝そうに、グレイは眉をひそめた。 誰に向かって、何を言っているのか、本当に分かっているのだろうか。 そう強調するかのように、繰り返し問う。 だってそうでなければ、信じられない。キースならばまだしも、魔女と実際に取引をしたことがあり、その魔女の元で生活をしていたアンバーがである。「理解したうえで言っている。魔女となったグレイと、取引がしたいと、そう言っている」 口もきけず、...全文を読む

PageTop▲

08 悪魔と王子

黄金色を探して

2019.01.27 (Sun)

  ゆっくりと馬から降りて、ぱちりと音を鳴らした。乗ってきた馬が消える。 ぱちりと鳴らした音がやけに大きく響いたようで、アンバーが率いる騎馬隊の面々が、グレイに警戒したように槍を握る手に力を込めた。その様子をわき目に見ながら、ゆっくりと進む。 以前は剣を持つ相手には委縮するしかなかったのに。力を手にした今では彼らがちっとも怖くない。彼らをどうこうするつもりがなくても、対応する力はある。魔法を使えば取...全文を読む

PageTop▲

07 揃った舞台役者

黄金色を探して

2019.01.27 (Sun)

  ぱちり、と音を立てて燃えている暖炉の薪が、ぼんやりと室内を暖かく照らしている。失ったことでぽっかりと空いた穴が、やけに冷えて感じる。 涙はもう尽きたのか、瞳からこぼれてはこない。涙の跡がひりひりと痛んだ。『うええええええええええ!? ちょ、ちょ、ちょっとグレイ! なんで泣いてるの!? グレイを泣かした大馬鹿者の名前を言ってごらんよ! 可愛い妹のために、お兄ちゃん一肌二肌脱いじゃうから!』 グレイが泣...全文を読む

PageTop▲

06 魔女への対価

黄金色を探して

2019.01.27 (Sun)

  アウトキリアの国は、この日を境に大きく揺れた。 身元が確かでない者を王族に迎え入れようとした為、魔女に目を付けられたのだと喚く貴族たち。 輝かしい貴金属類を奪われた、その補てんを王家に請求しようとする商人たち。 突如王城から飛び立ったドラゴンの姿に、不安を隠せない民衆たち。 騒乱の責をとらせる為に、その騒動の中心にいた王太子キースを廃嫡。キースへは奪われたモノの奪還を命じ、次席である第二王子アン...全文を読む

PageTop▲

05 変化する者たち

黄金色を探して

2019.01.26 (Sat)

 「私の傍にいた人は、みんなみんないなくなっちゃうのね」 ぽつりと、彼女は呟いた。 雪のように白い肌。黒檀のように黒い髪。血のように赤い唇の、美しい容姿をした姫君。いや、元姫君とでも言うべきか。 黒の喪服を身にまとった彼女は、もはやスノーベルクの王女ではない。彼女の目的のために、帝国へ嫁いだ、ただのマリア。 雪景色が美しいスノーベルクとは異なり、磯の香りと波の音が心地よい場所……それでいて、他のどの国...全文を読む

PageTop▲

04 動乱の結婚式

黄金色を探して

2019.01.26 (Sat)

 「花嫁さまのご入場です」 アコースティックパイプオルガンの先導の元、聖歌隊のコーラスが幾重にも連なって聖堂内を響き渡る。重厚な音色に乗せられた祝福の調べ。 談笑に興じていた参列者たちの視線が、自然とひときわ大きな扉へとむけられた。そっと本日の主役である王太子が、レッドカーペット……本日はその意味をヴァージンロードとしている……の半ばほどまで進む。 王も王妃も、わずかに緊張をはらませた王太子の姿を静かに...全文を読む

PageTop▲

03 幸せの形

黄金色を探して

2019.01.26 (Sat)

 「婚儀か……、オディールの花嫁姿を見せびらかしたくもあるが、誰にも見せたくないとも思うな」「な、に、を! 想像してんのよ馬鹿っ!」「照れるなオディール。お前なら何を着ても可愛いのは間違いない、いやむしろそのままのお前でも構わな」「ちょっと、黙って、なさいってば!」 ぐいぐいと、真顔でとんでもないことを口にする馬鹿の顔を押しやった。本当に、いきなり何言い出してんのよっ! そりゃまあ、アタシだってウェデ...全文を読む

PageTop▲

02 結末後

黄金色を探して

2019.01.26 (Sat)

  白いベールを被せられて、私の世界は白い雲のレースがかかったよう。 純白のひらひらとした、絵本で見ていたお姫様が着ているようなドレスを着て、お化粧をしてもらって。 侍女さんたちはお綺麗ですよ、って言ってくれたわ。 ねぇ、あなたも綺麗だって思えてくれますか? 綺麗だったら、あなたの傍にいてもいいですか? わたしの世界はあなただけ。 そう思っていたけれど、あなたの世界はあんまりにも広すぎて、わたしの世...全文を読む

PageTop▲

01 魔女協定

黄金色を探して

2019.01.26 (Sat)

 「琥珀色の王太子は、囚われの姫君の新たな拠り所に」 アウトキリア国の王太子は、高き塔の天辺に閉じ込められていた紫色の魔女の娘と出会い、彼女を魔女の元から連れ出した。 【紫色の娘】の身の内に秘めていた力は、紫色の魔女の体を傷つけて、彼女を手放させる決心を促した。「淡褐色と灰色の兄妹は、林檎の魔女より逃げ出して」 美しいものを収集する林檎の魔女に魅入られた、不思議な光彩を持つ兄。唯一の血縁者である兄を...全文を読む

PageTop▲

雑談《苦労話を笑い話へ変えようず》

勇者チャット板

2019.01.25 (Fri)

 1. 弓使いヒュウガ(探求の闇)どもー、おつかれさまです!無事守護竜と契約を結んでから、えぇと、こっちだと……、まぁ一ヶ月は経ったわけです(笑)勇者歴は各自バラつきがあるけど、“今思えば、あの種駆除はなかった……!”なんてこともあったんじゃないかなーと思って、笑い話を期待しつつスレ立てしてみましたwてなわけで、オモシロエピソード求む!2. 傀儡師アイナ(虚像の重)おつかれー!たまには交流とかしてみようと思って...全文を読む

PageTop▲

総合《勇者集合:守護竜契約について》

勇者チャット板

2019.01.25 (Fri)

 1. 魔法戦士アカツキ(金銀の炎)古参のヤツも新参のヤツもおつおつーなんか、守護竜との契約してないヤツが多いみたいだから、古参の担当している地域のヤツらで手伝おうぜってことになったぞ詳しくは↓を参照なーつ【相談《本物はどっちだ?》】あと、姫ちゃんに連絡とったら、全員に見るよう呼びかけるって言ってたから、全員改めて簡単な自己紹介もよろー2. 刀使いマサキ(願望の土)おつーこれで今全部で何人いるのか分かるな...全文を読む

PageTop▲

相談《本物はどっちだ?》

勇者チャット板

2019.01.25 (Fri)

 1. 暗殺者シセイ(幻想の雷)誰か本物を教えてくれ2. 狙撃手トモユキ(願望の風)お疲れ様ですえっと、まずは状況を教えてもらっても、いいかな……?3. 魔法戦士アカツキ(金銀の炎)おつおつーって、あれ? 《幻想》って4. 弓使いヒュウガ(探求の闇)どもー、お疲れ様ですやることないんで釣られたんですけど、何があったんですか?5. 刀使いマサキ(願望の土)おつーおォ、新顔が二人かァつか、二組も増えたのかよw6. 魔法戦士...全文を読む

PageTop▲

雑談《常識がログアウトしました》

勇者チャット板

2019.01.25 (Fri)

 1. 細剣使いカナメ(幻想の光)あんたら、今までどれだけ無茶やらかしてきたわけ……?2. 刀使いマサキ(願望の土)おつーって、おぉ新しいヤツか3. 魔法戦士アカツキ(金銀の炎)おつおつー無茶やらかしたことは……まぁ、そんなにはないと思うぜ?4. 精霊使いルカ(願望の緑)お疲れ様ですアカツキさん、嘘つかないでくださいよ無茶しかやってないでしょうがあなたは5. 魔法使いユイト(金銀の水)おつー……て、あれ? ちょっと待て...全文を読む

PageTop▲

総合《掲示板作ってみた》

勇者チャット板

2019.01.25 (Fri)

 1.創造神シラヒメ(零)《扉》をくぐり抜けた勇者たちよ久しいな、シラヒメじゃなんぞ、地球には面白い“しすてむ”とやらがあると聞いてな面白そうじゃ……んんっ、便利じゃと思い、さっそく導入してみたのじゃ!有効に活用し、種の駆除に勤しむのだぞ!尚、不適切な発言は自動的に伏字になるようになっておる“まなあ”と“もらる”をしっかり守るのじゃ!2.魔法戦士アカツキ(金銀の炎)おつおつー面白いものができたと聞いて3.刀使いマ...全文を読む

PageTop▲

09 四通目

親愛なる蒼姫へ

2019.01.24 (Thu)

  あたしは気付いている。 それに目を向けないようにしているだけで。 あたしが何をしたか。あたしが何をしてしまったか。 犯してしまった罪の大きさを、あたしは気付いている。 苦しいくらいに、あたしは理解しているの。 泡となって消える。そんな逃げ道はもう許されない。 あたしが犯してしまった大罪は、きっと消えることはないでしょう。 彼から預けられた子どもたちを受け入れることで、保護することで、その罪から目...全文を読む

PageTop▲

08 夢と現実

親愛なる蒼姫へ

2019.01.24 (Thu)

 『こんなこと、本当は王族たる私には許されないことなのに』 いつだったか、ジークが戦場に行っている間、シャーロックが漏らしたことがあった。 彼にしては珍しく、戸惑った様子で、ひどく落ち込んでいた。あたしはそんな顔をさせたくなくて、覚えたての人間の言葉で、どうやったら励ませるか考えていた。『一人の願いを叶えるために、大勢の者を不幸にすることなど・……!』『シャーロック』『蒼の姫、貴方は決して私のようにな...全文を読む

PageTop▲

07 破門

親愛なる蒼姫へ

2019.01.24 (Thu)

 「お姫様―こっちだよこっちー!」「待って、ピーター。さぁ、マリーもクレアも一緒に行きましょう?」「うん! お姫様もマリーたちと一緒だよ」 両の手で小さな手と繋いで、あたしは笑いながら駆けて行く。高い声がいくつも重なってできる笑いの渦。巻き込まれた笑顔。 それらの真ん中で、あたしは笑っていたの。 そう、笑って。 この子たちに悲しい顔を見せたくない。垢や汚れを落として綺麗になったこの子たちに、不安を覚...全文を読む

PageTop▲

06 三通目

親愛なる蒼姫へ

2019.01.24 (Thu)

  親愛なる蒼姫へ 贈物は、気に入って頂けただろうか。 彼等はきっと、貴女の心の慰みになるだろう。 未だ貴女の前に姿を現す事ができない私からの、ほんの些細な贈物だが、貴女が気に入って下さったのなら、これ以上に嬉しいことはない。 この贈物を受け取ったとき、貴女は笑っていたのだろうか。 その笑顔が眩しすぎて、私は影でそっと眺めていることしか出来ないだろうが、貴女の笑顔はこの荒んだ心でさえ癒される。 無遠...全文を読む

PageTop▲

前月     2019年01月       翌月

更新履歴カレンダー

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。