FC2ブログ

更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2019年05月  】 

27 偽ウミガメにスープを

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.30 (Thu)

  右側にはイライラした様子のクイーンさん。 左側には不機嫌そうなチェシャ。 そんな二人の間に挟まれたわたしは、気まずいことこの上なかった。 そりゃ、わたしが原因で遅くなったのは悪かったって認めるけど。 でも、両側に不機嫌な人がいるって、すっごく居心地が悪い。許されるなら今からでも逃げ出したいくらい。「あの、本当にスミマセンでした」「分かってるなら二度と繰り返すな」「……はい」「ねー船長。ユキいじめる...全文を読む

PageTop▲

26 新しい服と照れ臭さ

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.29 (Wed)

 「全員集合とか、出撃にしては珍しいことしてどーすんの? さっさと行けばいーじゃん」「猫、軽率な発言は控えた方が身のためなんじゃないですか?」「腹出してる奴に言われたくないんだけど」「ちょっ!? 剣先向けないで下さいよ!」「チェシャ、ヤマネ。少しは静かにして頂けませんか?」「すみません」「はいはいっと」 適当に返事をしたチェシャ猫と対照的に、恐縮しながら返事をしたヤマネ。そしてそれをいさめた帽子屋。 ...全文を読む

PageTop▲

25 我らが偽者アリス

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.28 (Tue)

 「あ、帰ってきた。何だ残念、無事だったんだ」 光が収まったかと思えば、わたしたちは揺れる船の上にいた。「無事ではないとお思いでしたか? それはご心配をお掛けしました」「誰もそんなこと言ってないし。思い込みもいい加減にしてれば? 自意識過剰って嫌われるよ?」「猫、マッドに対して失礼ですよ」 相変わらず失礼なチェシャに、ヤマネくんが積み上げられた箱を危なげもなく抱えながら怖い口調で言った。 ぐらぐらと...全文を読む

PageTop▲

24 ご機嫌斜めなアリス

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.15 (Wed)

 「ねぇせんせい。これっておいしいのかな?」 金色のふわふわとした髪を風になびかせながら、クリスタルに入れられたお菓子をキラキラとした瞳で見つめていた。 ごろんと甲板に寝そべっているため、水色のエプロンドレスから白いドワローズがあられもなくめくれ見えている。 細い足をぶらぶらと揺らして、少々……いや、かなりはしたない姿である。「せんせい、これたべちゃだめー?」「止めといたほうがいいんじゃない? この前...全文を読む

PageTop▲

23 奪われた大きくなるケーキ

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.14 (Tue)

  公爵夫人を【神子の間】に取り残して歩き出したのはいいものの、どこに向かえばいいのか分からない。 ただ闇雲に歩き回っても迷子になるだけだし……ううん、もうすでに迷子なのかもしれない。「アリス、どこへ向かうつもり?」「ど、どこだろう……? 歩いても歩いても同じような景色って言うか、廊下が続いてるだけで、分からないかも」「つまり、迷った……ってことだよね?」「……ごめん」 情けないけど、ここどこだろう? 真っ...全文を読む

PageTop▲

22 【神子】

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.13 (Mon)

 「【神子の間】には私、トゥイートル・ダムがご案内致しますね!」 数分後。 物凄く満足そうなダムさんに案内されて、わたしとヤマネくんは再び長い廊下を歩いていた。 ディーさんはダムさんが即効でデザインした服を製作中で、ここにはいない。「……アリス、大丈夫?」 ヤマネくんが気遣ってくれているようだけど、ゴメン正直言って大丈夫じゃない。 精神的ダメージが大きすぎる……。 ダムさんにひん剥かれたとか、ディーさん...全文を読む

PageTop▲

21 双子とお着換え

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.12 (Sun)

  長い廊下にある部屋を一部屋ずつ覗いて、帽子屋さんに言われた人物を捜す。 ダムとディー。 それがどんな人かは分からないけど、よく知られている卵形体型の双子のようにそっくりなのかもしれない。 サカナとカエル以外の人を探せばいいわけだから、きっとすぐに分かると思う。 でも、その間わたしもヤマネくんも一言も声を出さなかった。声をかけるタイミングが分からなくて、ずっとそのまま。 逃げ出したのが悪いことのよ...全文を読む

PageTop▲

20 イカレた者同士

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.11 (Sat)

  どれくらい、ここに座り込んでいたんだろう。 随分時間が経った気もするし、そうでもないような気もするし……。 ただ呆然と座り込んでいただけで、わたしの心はどこかからっぽだった。 ショックだったわけじゃない。それを認めるのに時間がかかっただけ。 皮肉だよね、あれほど自分で《仮》だって言い続けていたのに。 アリスと呼ばれるたびに、本物のアリスになれるような気がしていたなんて。「……本当に、情けないなぁ」 ...全文を読む

PageTop▲

19 公爵夫人の招かざる客

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.10 (Fri)

 「何、この、奇妙な光景は……」 目の前に広がる光景に、眩暈を覚えた。 本当に、何なの。 この普通じゃ考えられない光景は……。 帽子屋さんの……多分魔法で、一瞬にして船から移動したわたしがまず始めに目にした光景は、子どもくらいの大きさの、その、服を着ている魚や蛙が……大量に地面にひっくり返っているなんとも異様な光景だった。 ぬめぬめしている表面に砂をたくさんつけている変な蛙や魚は、ひっくり返ってぴくりとも動...全文を読む

PageTop▲

18 公爵夫人の島へ

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.09 (Thu)

 「……ミルホロウのパテ。クリームソース掛け」「く、口の中でとろける美味しさ! しかもこのソース甘すぎなくて好きかもっ」「……甘いのは、苦手?」「甘すぎなければ大好きですっ!」「……レトレト野菜のプティング、いる?」「レトレト野菜がなんだかよくわからないけどっ、でもでもっ! プティング食べたいですっ!」「……ちょっと待ってて」 抑揚のない静かな声でそう言うと、目の前で料理を始めてくれるマーチに感謝。 食堂に...全文を読む

PageTop▲

17 指輪の収まる先

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.08 (Wed)

 「やっぱり、ここ海賊船じゃなくて豪華客船だって」 ばふんとベッドに倒れこんで、そう言わずにはいられなかった。 あれからヤマネくんに部屋まで案内されて、アリスが使うのだといわれる部屋に入った……のはいいんだけど。 何度も言うけど、海賊船だと思えない。 ベッドとサイドテーブルに鏡台。クローゼットに長机、それからふかふかのソファ。それぞれがアンティークのような年代物で、やっぱり薔薇のモチーフが刻まれている...全文を読む

PageTop▲

16 彼女の独白

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.07 (Tue)

  彼女は手元にある羊皮紙をじっと見つめていた。 何度も何度も、そこに書かれた文字を追う。「……期待するのに、疲れたのよ」 重いため息と共に吐き出された言葉は、静かに空気に溶けていった。疲れたように腕を下ろした彼女は、そっとその手紙を机に置く。 今度こそ、本物のアリスが訪れるかもしれない。 そう書かれた内容に、何度期待し、何度疑っただろう。 そして実際にその女と会って、何度失望したことか。 今度こそ、...全文を読む

PageTop▲

15 らしくない海賊

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.06 (Mon)

  しばらく廊下を歩くと、他の扉より少し大きくて頑丈そうな扉の前でチェシャ猫は止まった。「ここは?」「食堂」「……なんか、機嫌悪くない?」「気のせいじゃない?」 気のせいなのかな? なんて言うか、そっけない感じがするんだけど。 そんなわたしの疑問も、食堂の扉を開けた瞬間にふっとんだ。「わぁ……」 やっぱり豪華客船じゃないのここ? って言いたくなるような、そんな立派な食堂だった。 きらびやかな豪華って言う...全文を読む

PageTop▲

14 自称イカレ帽子屋さん

Episode.0 不思議の国のアリス

2019.05.05 (Sun)

 「ねぇ、大した人数じゃないって、この船には何人乗ってるの?」「んー? 五人?」「ごっ、五人!? 五人だけ!?」「そ。何? そんなに驚くようなこと?」 不思議そうに首を傾げられた。 いやいやいやいや、もっとこう、こんなに大きな船ならもっと普通人いるものでしょ? 漁船じゃあるまいし、たった五人で上手く機能するものな……んだろうね。 もう、異世界だって思うと、なんでもありだとか思えてきちゃう。「船長に、帽子屋...全文を読む

PageTop▲

『ALICE』Anthology企画

独り言

2019.05.04 (Sat)

 『アリス』アンソロジー企画■作品内容*創作アリス(鏡の国、不思議の国モチーフどちらか) イラスト、漫画、小説問いません。*作者様が執筆されているシリーズ物の番外編になるか、完全新作のアリス作品になるか、その辺りは自由となっています。*執筆者様ごとにページ数のばらつきはありますが、どれも創作アリス作品です。どのページ開いても創作アリスです。*頼む、いいから創作アリスを読ませてくれ!俺は創作アリスが好...全文を読む

PageTop▲

前月     2019年05月       翌月

更新履歴カレンダー

04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。