FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
黄金色を探して

02 結末後

 ←01 魔女協定 →03 幸せの形

 白いベールを被せられて、私の世界は白い雲のレースがかかったよう。
 純白のひらひらとした、絵本で見ていたお姫様が着ているようなドレスを着て、お化粧をしてもらって。
 侍女さんたちはお綺麗ですよ、って言ってくれたわ。

 ねぇ、あなたも綺麗だって思えてくれますか?
 綺麗だったら、あなたの傍にいてもいいですか?

 わたしの世界はあなただけ。
 そう思っていたけれど、あなたの世界はあんまりにも広すぎて、わたしの世界もどんどん広がっていったの。
 あなたを中心に。
 あなたを知ろうとすればするほど、どんどん広がるわたしの世界。あなたのことはまだまだ知らないことばかりだけれど、全部知りたい、だなんて欲張りになってしまうのかもしれないけれど。

 でもね、足りないの。
 ぽっかりと胸に穴があいたような、そんな物足りなさ。
 物足りないなんて、おかしいはずなのに。
 ここはわたしが元いた世界よりも広くて、たくさんのモノがわたしの周りのあるのに、どうしてだろう。

『紫色の魔女を求めるな、こっちを見ろ、ラプンツェル』

 あなたの声に、あなたの腕に、あなたのぬくもりに包まれたい。
 このぽっかりとした胸の穴を、全部あなたで埋めてしまいたい。

 あなたの、名前を呼びたい……。

『お前がここにいればいい。お前が笑っていてくれれば、それでいいんだ。笑え、ラプンツェル』

 あなたの眼差しにとろけてしまいそうになる。
 あなたにわたしの名前を呼ばれるだけで、こんなにも胸がほっこりとするの。同じだけ、あなたにほっこりとした気持ちを分けてあげていのに、わたしはあなたにもらった暖かさを返せない。
 声が、出せないの……。

『声も、魔女の力も、何もいらない。何も望んじゃいないから、そんな辛そうな顔で笑うな。……あぁ、笑えと言ったり笑うなと言ったり、混乱させたか』

 切る気にもなれなかった長い髪を梳かれて、そっとその手に擦り寄った。どうすればいいのかな。
 あなたのそばにいたい。
 あなたの名前を呼びたい。
 あなたのぬくもりに触れていたい。
 どんどん、欲しいモノが増えていく。

『次会う時までに決めておきなさい。あんたが手に入れられるのは、一つ。どれが一番欲しいか、何を願うか、よく考えなさい』

 幻のような姿のお母さまはそう仰っていた。
 いつだったのかは、覚えていないけれど。
 お母さまとの繋がりを失って、あなたの広い世界に溺れそうになっているとき。そう仰られていたのだけはよく覚えていたの。
 夢かと思った。でも、お母さまは確かにそう仰っていた。

 次って、何時のことなの?
 次、また会えるの?
 また、お母さまに会えるの?

 わたしはあの人も、お母さまも、声も、どれも大事なの。
 どれも、欲しいの。
 一つだなんて、選べないわ……。

「姫様、そろそろ式のお時間です」

 選べないまま、わたしはゆっくりとあの人の待つ式場へと向かった。



 *  *  *



「蒼の姫君」

 彼は、あたしの名前を決して呼ばない。
 誰も彼も、みんながあたしのことを“蒼の姫さま”と呼ぶ。
 あたしの名前はちゃんとあるのに。それでもその名で呼ばれることは、きっとこの先ないんだろう。
 あたしが背負った罪が許されるその日まで……。

「その震えるまつげに込められた想い、一体どこに向いているのか。願わくばその矛先にいるのが、と淡い期待を抱くのは、哀れな男の願望に過ぎないのでしょうか。頬杖をついて物憂げに遥かを見つめるその姿も……」
「ロッドバルド。回りくどい言い方じゃなくて、もっと簡潔にお願い」
「……何を憂いているのでしょうか?」

 あたしにしては素っ気ない言い方になってしまうのも、仕方がないことだと思うの。あたしの中で、まだそれは過ぎたこととして消化できていないから。

 だって、あなたはあたしに目隠しをしていた。

 あたしの罪を、あなたは奪い取ろうと、なかったことにしようとしていた。
 この城に来た子どもたちのためにも、あたしは泡とはならないと決めたけど、それでも、あなたのことはまだ、許せそうにない。

「あたしが犯した、罪のこと」
「……それは」
「あたしがやったのよ。あなたじゃないわ。あたしのこの罪を、もう奪おうとはしないで」
「貴女が嫌がることを、どうして私ができましょうか」
「嘘ばっかり」

 あたしに知らせずに、気付かせずに事実を変えることなんか簡単なのでしょう?

 彼の方を全く見ないで返す言葉。そのことに対して、彼は何も言わない。
 本当なら、人間のマナーとして、背を向けながら会話を交わすことなんて、マナー違反なのに。それを教えてくれた彼は何も言わない。

「それはまぁ、嘘をつくのが」
「悪魔というものだから、でしょう?」
「さすが、分かっていらっっしゃる。ご名答ですよ、蒼の姫君」

 くつくつと、何が楽しいのかわからないのに、彼は笑った。

 そっと、短く切りそろえた蒼色の髪に触れた。
 あたしにはもう、人魚の尾ひれもない。人魚の魔法もない。人魚の魔力もない。人魚なら持っていて当たり前のものは、何一つない。
 無力な人間と同じ。
 だから、悪魔である彼には逆らえない。逆らうつもりもない。

「と、ささやかな小鳥の戯れのような言葉遊びは、これまでに致しましょう。それで、蒼の姫君。本当は何をお考えでしたのか、この不肖ロッドバルドにお教え願えないでしょうか」

 それでも彼は、あれからあたしに向けてその力を使おうとはしない。
 ……そんなことに気付いてしまったから、あたしは彼の力に頼ろうとしてしまうのだろうけれど。

「……故郷のこと。シャーロックのこと。帝国のこと。子供たちのこと。これからのこと。……本当に、色々よ」
「これからのこと、そこに私は?」
「……含まれていてほしいの?」
「願い請うことが許されるのでしたら」

 どうして、彼はこんなにもあたしに近寄ろうとしているんだろう。あたしに好意を寄せているのはわかる。

 でもどうして?

 だってあたしは、人間になってから彼と共にいた。彼にシャーロックがどれだけ好きか伝えてきた。全てはシャーロックのためだと、彼も分かっていたはずなの。
 それなのに、どうして。
 どうしてこんなにも、あたしの傍にいようとするのかしら。

「姫さまー! 蒼の姫さまあっ!」

 元気いっぱいな男の子の声。
 誰よりも甘えん坊で、やんちゃな男の子。この子も、彼があたしに与えた贖罪の対象。この世にすがり止められた存在。
 あたしがこれから、守っていくと決めた存在。

「今行くわ、ピーター! ……分かっているの。あたしはここにいるしかないのは。ここでできることをして、罪を償うことしかできないことも」

 どこか自分に言い聞かせるように、だけれども。
 それでも、彼に伝えなければ。

「シャーロックが望んでいた帝国のことは、今のあたしに気にかけている余裕なんかない。あたしにできることは、ほんの少しだけ」

 また、あたしの知らないところで、罪のないモノへ災いを振りまくわけにはいかないのだから。

「ロッドバルド」
「お呼でしょうか、蒼の姫君」
「贖罪の場を与えてくれたこと。それだけは、あなたに感謝しているわ」

 だからどうか、これ以上悲しい思いをするものを増やさないでちょうだい。
 そんな思いを込めて、あたしは一度もロッドバルドの方を見ないで、その場をあとにした。

「蒼の姫君は、これ以上の悲劇は望まない様子」

 だからそう。
 彼が考え込むようにそう続けていたことは、知らなかった。

「ならば、あるべきものはあるべき姿に。本来の正しい結末へ、導いてやらねばなりませんね」
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【01 魔女協定】へ
  • 【03 幸せの形】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【01 魔女協定】へ
  • 【03 幸せの形】へ