FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
黄金色を探して

18 彼女の願い

 ←17 二つの結末 →19 幸せの青い鳥

 足元から、地面が消え去るようなそんな感覚。
 光の柱は、あの日塔から落ちる瞬間に見えたそれとそっくりで。嫌な予感しかしなかった。
 あの日光に包まれて失ったのは、わたしの声と魔女のお母さま。
 魔女のお母さまがいなくなっただなんて、本当にいなくなっただなんて、そんな言葉信じたくはないけれども。
 それよりも、それと似た状況の今の方が、よっぽど信じたくなんかない。
 だって、あの光の洪水がわたしの目に映るたび、わたしは誰かを失ってしまうかのようで。わたしの少ない世界にいる人が、これ以上減ってしまうだなんて。
 これ以上減ったら誰もいなくなってしまう。
 あの人がいなくなったら、わたしはどうすればいいの。
 あの人が、今のわたしの全て。
 わたしの世界には、あの人だけなのに。あの人がいない世界は、きっと何もなくなってしまうかのように感じて。
 目の前に映る景色ですら、色を失くして、全部灰色になっているかのように感じる。わたし、今ちゃんと歩けているかしら?
 ねぇ、あの人は、無事かしら?

「グレイ! ねぇ、返事をして! グレイッ!」

 彼のように名前を呼べたらと思っても、わたしには声がない。彼の名を呼ぶことすらできない。ぐるりと世界が色あせて回っている視界を凝らして、ぼんやりとした足取りで動いて、彼を探すしかないの。何か音はしないかしら?
 音の方向に、彼はいないかしら?
 いいえ、いっそ光の中になんか彼はいなければよかったのに。ひょっこり現れて、いつものように、笑えって言ってくれたら、それでいいのに。

 ねぇ、何処にいるの?
 お願い、貴方の姿を見たいの。
 あなたに、会いたいの。
 雪と土が混ざった地面をふらふらと歩いて、時々転びそうになりながらも、貴方の赤色を探した。
 見つからない。
 どうしよう、貴方が、いない。
 どうして、いないの?
 どこにいるの?
 まるで迷子になった子どもみたいに貴方を探している。格好なんかどうだっていい。どうして、見つからないの?

 ふらふらとした足取りのまま、がれきが散らばる辺りを見渡す。あの大きな白いお城が、光の柱が現れたせいで瓦礫の山に変わってしまった。塔が崩れてしまった時と同じ、それがあったとは思えないくらいに、ばらばらになっている。
 からん、と足が瓦礫に躓いて、転ぶ。長い髪が破片に絡まって引っ張られる。痛い。
 でも、もしあの人がこの瓦礫の中にいたのなら、もっと痛い思いをしたのかもしれない。
 泣きそうになりながらも、あの人の赤を探す。
 不意に、ふわりと風が通り抜けた。
 ボサボサになった私の長い髪を巻き上げて、天に消える。

「ピチチチッ」

 何か、聞こえた。
 小さな小鳥の囀り。こんなところに小鳥なんかいるのかしら。もしかしたら、何か、いるのかしら。誰かが、いてくれないかしら。
 張り裂けそうな胸を押さえて、声の方へと進む。がらりと何度も瓦礫を崩してしまうけれど、それを踏み分けていかないと進めないのだもの。
 雪と瓦礫をかき分けて進んだ先に見えたのは。

「……は、あぁ……」

 力なく横たわる、あの人の姿。
 深く息をするのも辛そうで、いつも自信にあふれているその顔は、酷くつらそうにゆがんでいる。鮮やかな赤い髪は汚れていて、同じくらい赤黒い色が彼のあちこちに飛び散ってついていた。

「……っ!」

 よかった、いらっしゃった!
 消えないで、生きていらっしゃった!
 ただ生きているということが嬉しくて。無我夢中で駆け寄った。
 ボロボロの体を瓦礫の山に横たえていて、抱き着くには躊躇してしまうくらいの傷跡が見えて。ぽろぽろと涙をこぼしながら、ゆっくりと手を伸ばした。
 その頬に触れようとしたら、ピクリと肩が跳ねられた。

「だ、れぁ……」

 わたしよ、ラプンツェルよ。

「……ぁ、い」

 声が出ないことまで真似しなくてもいいわ。そのままでいいから、わたしの手を握ってくれればいいわ。
 投げ出された手を、そっと握った。大好きな大きな手。それもなぜか今は強張って動かない。恐ろしいくらいに、冷たい。
 あぁ、握る力もないのなら。それなら無理に動かなくてもいいわ。わたしが代わりに小さく握るから。わたしの体温を分けてあげるから。
 そっと顔を覗き込んだ。

「っ!?」

 瞼が、落ちくぼんでいた。
 待って。目が、開かないのは。わたしのことを見ないのは、見てくれないのは。
 目が、なくなってしまったから、なの?

「……ら、ぇる……?」

 名前を呼ばれた気がして、必死に頷いた。それでも瞼を持ち上げない貴方には伝わらない。見えない貴方には通じない。
 僅かでも声が出せればと思って口を開いても、言葉は出てこない。何度返事をしようとしても、空気が漏れるような音しか出ない。

 ねぇ、どうして神様。
 わたしから次々に奪っていくの。
 やっと気付けたのに。やっと伝えたいと思ったのに。これからだと思ったのに。
 どうしてそれですらさせてくれないの。
 どうして、この人から目を奪ってしまったの。
 生きていればそれでいいだなんて、そんなことは思えない。
 わたしは、欲張りなんだもの。この人に関してはもう、欲張りにしかなれないんだもの。この人の全部が、欲しいのだもの。
 震える手で、もう一回頬を撫でた。
 こつん、と額を合わせると、こらえきれなかった涙が零れ落ちて、彼の頬を滑り落ちた。

「ラプ、ェル……ぅな」

 緩慢な動きで顔を持ち上げようとしてくれる。

「泣く、な……笑、え」

 片方だけで握りしめた手を、緩やかに握りしめられる。
 こんな時でも、貴方は笑えとおっしゃるのね。見えないのに。泣いているからって、笑えって。いつもと同じように。
 そんなことを言って、人のことを思っている状態じゃないのに。貴方がこのままだといけないってわかってはいるの。

 でも。どうしてか、動けなくて。ぽたぽたと零れる涙が止まってはくれなくて。上手く笑えなくて。
 ぎゅっと目をつぶって。それからへたくそな笑みを浮かべた。
 ゆっくりと顔を更に近づけて、唇でそっと触れる。

「……っ?」

 その感触に、貴方はピクリとまた震えたけれど。構わないでそのまま触れていた。
 声にすることはできないけれど、言葉の動きは知っている。
 だからこのまま、伝えたいの。

(好き)

 ゆっくりと吐息に合わせて、強く押し付ける。伝わりますように、どうか、伝わってほしい。

(キースさま)

 好きも大好きも、どうか、伝わって。
 貴方の情熱的な口付けよりも、全然拙いのだけれど。それでも、貴方と唇を合わせるのは好きなの。心地よい熱が、大好きなにおいが、安心する貴方と言う存在が、全部好き。
 だから、ねえ。このままなんて嫌。

(好き、大好き)

「……ってる」

 僅かに動いた唇と言葉。弱々しく返された口付け。
 当たる吐息は本当に微かで。心配になるくらいに、冷たくて。

 お願いよ、どうか。

 私からこの人を奪わないで。この人の熱を、目を、命を奪わないで。
 私の前から、この人を消さないで。
 なんでもあげるから。なんでもするから。
 この声だってほしいと思わないから。この人がいればそれでいいから。
 だからお願い、生きて。

 この人まで、連れて行かないで……!
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【17 二つの結末】へ
  • 【19 幸せの青い鳥】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【17 二つの結末】へ
  • 【19 幸せの青い鳥】へ