FC2ブログ

「BLUE_LIGHT」
Episode.0 不思議の国のアリス

19 公爵夫人の招かざる客

 ←18 公爵夫人の島へ →20 イカレた者同士

「何、この、奇妙な光景は……」

 目の前に広がる光景に、眩暈を覚えた。

 本当に、何なの。
 この普通じゃ考えられない光景は……。

 帽子屋さんの……多分魔法で、一瞬にして船から移動したわたしがまず始めに目にした光景は、子どもくらいの大きさの、その、服を着ている魚や蛙が……大量に地面にひっくり返っているなんとも異様な光景だった。
 ぬめぬめしている表面に砂をたくさんつけている変な蛙や魚は、ひっくり返ってぴくりとも動かない。

 ……動かないでくれているほうがありがたいんだけど。

「やはり、上陸されているようですね……」
「どうしますか?」
「彼らは、まだ生きていますか?」
「確認してきます」

 冷静に状況を把握しているらしい帽子屋さんとヤマネくんは、少し抑えた声で短いやりとりをしていた。

 わたし?
 わたしは情けないことに、一歩も動けない。

 一歩でも動いたらむくりとその、変な魚や蛙がびちびち動き出しそうな気がして……ごめん、無理。
 それでも、ヤマネくんは帽子屋さんの指示通り手近にいた、その、変な蛙や魚の側に近寄って、無造作に触りながら脈を測ったり呼吸の確認をしたりしている。
 わたしには絶対無理っ! 触れないっ!

「……外傷は特にないみたいです。脈拍もおそらく安定。呼吸についてはなんともいえませんが、気を失っているだけかもしれません」
「そうですか……」

 指先を唇に当てながら何か考え込むようにしていた帽子屋さんは、碧い瞳だけを動かしてわたしを見た。

 何を言われるんだろう。

 この、変な魚や蛙がひっくり返ってる……えぇと、庭園、かな? 綺麗な刈り込みをされている、世界史の資料集の中世ヨーロッパのページに紛れ込んだような場所で、何をしろと言われるんだろう。

「アリ……」

 帽子屋さんが口を開いたとき、どこからか爆音が聞こえた。
 ずどーんって、そんな簡単な言葉で表せるような可愛いものじゃなくて、耳をつんざくような音。空気を振るわせる振動と、揺れる大地に迫り来る強風。
 思わず目を塞いで身を縮めこませたわたしは、必死で踏ん張ってそれに耐えた。

 せっかく揺れる船から降りれて、揺れない大地に立てたって言うのに!
 ついてないって言うか、なんでこうも次から次へととんでもないことが起こるのっ!?

「決して叫ばないで下さい。ヤマネ、我らがアリスの護衛を」
「っ、マッドは!?」
「公爵夫人のご機嫌を伺いに!」

 言うなり、帽子屋さんはさっと手を振り上げてぼんやりとした光を作ったかと思えば、その光の中に消えていった。

 ま、魔法って便利でいいよね。
 そんな現実逃避的なことを考えてたわたしは、おさまった風で乱れた髪を手櫛でなおしていた。

「えっと、叫ぶなって……」
「敵に僕たちの居場所を教えないために、だよ」
「あ、そっか」

 そういえば、【地下の国】号の人が上陸してるんだよね。

 ここは公爵夫人の島。
 アリスの【神子の玩具】がある場所なんだから、それを狙っている彼らは敵。

 そう考えるのは普通の事なんだけど……。

「そっか、って……。いい? キミは【不思議の国】号のアリス。【地下の国】号にアリスがいたとしたら、アリスは二人もいらない。僕の言いたいことわかる?」
「……わたしはアリスなんかじゃ」
「それでも、クイーンが認めてるんだから、キミはまだ僕らのアリスだ」

 お願いだから、分かって。
 とヤマネくんがいつの間にか握ってたナイフを構えながらそう言った。

 わたしがいくらアリスじゃないと言っても、今はまだ【不思議の国】号の《仮》アリスだ。それはわたしも認めてる。

 でも、アリスは二人もいらない。
 だから、いらないアリスは……

 その先を考えると、ぶるりと身体が震えた。

「大丈夫だからね」

 とん、と肩が触れた。

「僕が、絶対守るから。大丈夫」

 顔だけわたしの方を向けて、ヤマネくんは優しく言った。

 思ったより近くにあったエメラルドの瞳に、わたしの情けない姿が映ってる。
 ヤマネくんにそう見られてるのか、と思うとしっかりしなくちゃと背筋が伸びた。

「……ありがとう。お願い、ヤマネくん」
「任せてよ」

 にっと笑うヤマネくんが、どこまでも頼もしく思えた。

 横にはナイフを構えたヤマネくん。
 わたしの目の前にはひっくり返ってる変な魚や蛙。
 吹き付ける風が、ごうごうと草木を揺らした。

 これからどうしよう……。

 公爵夫人の様子を見に行った帽子屋さんは依然として姿を見せない。
 ありがたいことに、まだ【地下の国】号の人にも見つかってない。

 アリスなら……、本物のアリスなら、様子を見に行こうと帽子屋さんの後を追いかけていくか、ひっくり返ってる変な魚や蛙を叩き起こすくらいはするだろう。

 でも、わたしはアリスじゃない。

 だから、わたしはわたしの好きなようにしよう。隠れてもいいし、逃げてもいいと、そう自分の身を守ることをまず考えようと思う。

「えっと、ヤマネくん。ここって」
「……ケロッ」
「そう、ケロなんだ……ケロ?」

 いや、ケロって何?

 ヤマネくんを見ると、僕じゃないよ、とでも言うように首を振られた。
 じゃあ、誰が……

「ケロ~、酷い目にあったでケロ」
「いっ!?」

 叫ばないっ! 叫んでないこれセーフ!
 思わず出てしまった一言であって、全然叫んでないからね!
 と心の中だけで精一杯叫んどく。
 口には出さない。

 ケロだなんて、いや、考えなくても何なのかは分かるけどっ!

 想像してみて欲しい。
 むくりと、わたしの半分の高さの服を着た蛙が起き上がって、流暢に話しているところを。あのぬめぬめした表面にくっついた砂を、人間のように叩き落としているところを……!

「無理、無理っ」

 生理的に無理で、腕に鳥肌がたったのも仕方ないよねっ!
 アマガエルとかそんな緑色なら、まぁまだなんとか許せたけど、茶色でいぼいぼがついた表面の蛙にそれやられたら、気持ち悪いって思うのは仕方がないって思うよねっ!

「だ、大丈夫だよ? 彼らは敵じゃないし……えっと、そんなこの世の終わりみたいな顔しなくても……」

 わたしはひたすらヤマネくんの背中にしがみついて、ぶんぶんと首を横に振った。

 あぁ、マーチが魚と蛙が平気かって聞いたのはこれだったのか、なんて、今更そんなこと思った。
 助言だったんだあれ……。

「ケロッ」
「わっ!?」

 こっち見るな蛙っ!

「ケロケロッ。お前らは誰だケロ」
「僕らは【不思議の国】号の船員です。一体、何があったんですか?」
「ケロッ? 【不思議の国】号ケロッ」

 丁寧に答えたヤマネくんに、変なイボ蛙は素っとん狂な声を上げた。

「そうケロッ! 不法侵入者だケロッ! ゴ主人様はっ!」
「公爵夫人なら、今マッドが様子を見に行きました。だから、ちょっと落ち着いて……」
「ケロケロッ! イカレ帽子屋さまがっ! それなら安心だケロ~」
「だから、声が大き」
「あれぇ? なんかぁ、誰か起きたのかもしれないみたいなぁ?」
「!?」

 間延びした声に、素早くヤマネくんがわたしと位置を変わった。
 思わず掴んでいた手を離して、びくりと固まる。
 違う、固まってちゃダメだ。

「二人とも、今すぐここから離れて!」
「ケロケロッ!」

 一目散に跳ね逃げるイボ蛙とは逆に、わたしの足が、動かない!
 ヤマネくんをここに置いていくわけにはいかないとか、そんなこと思ってるんじゃない!
 恐くて動かない……!

「なんかぁ、増えてるんだけどぉ」
「走って、早くっ!」

 ヤマネくんの鋭い声と、押された背中によろめいて、ようやく足が動いた。
 前へと動かして、地面を蹴る。
 たったコレだけのことをするのに、どうして足が動かないんだ!

 後ろなんか気にしている余裕なんかない。
 わたしはただただ走った。

「あー、逃がしちゃった。でもまぁ、オレ今一人だし? 仕方ないよねぇ?」
「お前の都合なんか知らない!」

 キィンと、鉄が弾かれる音が後ろでしたような気がした。

 無情だと、笑ってくれたっていい。
 わたしはそれを言われても仕方が無いことをした。
 だって、恐かった。
 間延びしたような声の人が敵だったら、【地下の国】号の船員だったら、わたしは……。

 わたしが本物のアリスじゃないとしても、殺されてたかもしれない。

 それが、純粋に恐かった。

「……はぁっ、はぁっ!」

 息が荒い、胸が苦しい。前なんかもう見れない。ただがむしゃらに足を動かす。
 スカートが翻ってるとか、髪が乱れているだとか見苦しいだとか、そんなことを気にしてる余裕なんかない。

 止まったら殺される。

 ヤマネくんを振り切ってもうわたしの後ろにいるんじゃないかと思うと、走り続けるしかなかった。
 ここがどこだとか、どこに向かって走ればいいのかとか、そんなことは全然分からないけど。

「やっ!?」

 がさがさがさっと、どこかの茂みに突っ込んでしまったらしく、べちべちと顔に葉っぱや枝がぶつかる。
 前なんか見てなかったから、全然気付かなかった。
 驚いて止まりかけたけど、必死で前へ進んでた足は急に止まってはくれなくて、わたしは足をもつれさせて茂みの中で勢いよく転んでしまった。

「っ……」

 痛い。
 手をつく暇もなく転んだから、そう思うのも仕方の無い事なんだけれど。
 柔らかい土と細かな小石が、顔を上げたわたしの頬からぱらぱらと落ちた。

 荒い息が収まらなくて、苦しくて地面に頬をつけたまま肩で息をした。
 もっともっと酸素が欲しい。胸が苦しい。

「ねぇ、だいじょうぶ?」
「……っ」

 息が止まった。
 誰かがここにいた。こんな情けない姿を見られた。
 ゆっくりと息をはいて、視線だけを上げて声の主を見た。

「ねぇ、おねえさんだいじょうぶ?」


 あどけない舌足らずの高い声。

 子ども特有のふっくらとした赤みかかった頬。

 金色の長い髪に、ヘアバンドのように結ばれた白いリボン。

 水色の古めかしいドレスに、白いエプロン。


 左目に付けられた黒い眼帯をのぞけば、その姿はまさしく……



「……あ、りす…?」

「おねえさん、どうしてボクのなまえをしってるの?」


 不思議そうに首を傾げた少女は、誰もがよく知るアリスの姿をしていた。
 そう、あの不思議の国のアリスの……。

「あ! いまいったことはないしょね。せんせいにおこられちゃう」

 しーっと指を立ててイタズラした子どものように笑ったアリスは、ぐいっとわたしの顔をぬぐった。

「ビックリしちゃった。おねえさんしげみにむかってはしっていくんだもん」
「……」
「きれいなかお、よごしちゃダメだよ? ほら、これできれい!」

 ごしごしと顔を擦られて、アリスが満足そうに笑っているのをわたしはただ見ている他なかった。

 だって、そう。
 アリスは小さな好奇心の強い女の子なんだもの。

 やっぱりわたしはアリスなんかじゃない。

 そんなの分かってたのに……
 自分でもそう言っていたのに、知っていたのに……

「おねえさん?」

 アリスが覗き込んでくる。
 ぼやける視界に、彼女の顔は見えない。

 何やってるんだろう。ここで泣くのはおかしいじゃないか。
 彼女が本物のアリスで、わたしはアリスじゃなくて、幸。

 そんなの当たり前の事じゃないか。
 泣く必要なんかない。ただの事実なんだから。

「な、んでも、ないよ……」
「でも、おねえさん」
「大丈夫。わたしは、大丈夫だよ、アリス。ありがとう」

 綺麗に笑えているといいな。
 綺麗な顔って言ってくれて、土を拭ってくれたアリスに、綺麗な笑顔って言ってもらえるように。

 わたしは子どもなんかじゃないんだから、泣くのは間違っている。
 大丈夫、それくらい分かってる。

 自分の感情がどうであれ、分からせることはできるもの。

「どういたしまして!」

 無邪気ににっこりと笑うアリスに、これ以上気を使わせないようにゆっくりと体を起き上がらせた。

「……アリス」
「あ、せんせいだ!」

 誰かの声が、アリスを呼んだ。
 ぱっと顔を輝かせて“せんせい”と言ったアリスは、ぐっと立ち上がって心配そうにわたしを見た。

「おねえさん、ほんとうにだいじょうぶ?」
「大丈夫だよ。心配してくれてありがとう、アリス」
「へへっ、どういたしまして! それじゃあね、おねえさん!」

 にっこりと笑ったアリスは、「せんせい!」とはしゃいだ声で笑いながら駆けて行った。
 もう、わたしのことなんか忘れたかのように。
 忘れてくれて構わない。
 本物のアリスには覚えられたくない。
 偽者アリスなんかやった、わたしのことは忘れて欲しい。

 本物のアリスになりたいと思ってしまったわたしのことなんか、忘れて。

 これ以上は惨めになりそうで、考える事もしたくなかった。



公爵夫人の招かざる客
(本当に招かれてないのは、)
(偽者のわたしの方だ)
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【18 公爵夫人の島へ】へ
  • 【20 イカレた者同士】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【18 公爵夫人の島へ】へ
  • 【20 イカレた者同士】へ