FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
紫色の娘

09 衝突

 ←08 髪 →10 娘

 不安で不安で不安で……。
 魔女のお母さまが行ってしまわれてから、私はずっと窓辺にいた。
 貴方がいらっしゃいますようにと祈りながら、またなと仰られた言葉を信じて外の世界をずっと眺めていた。

 だから、その赤い髪が見えたとき、貴方のお姿が認められたとき、どれだけ安心したことか……!

「なんだ、出迎えとは熱烈だな」

 からかうような口調も、軽い様子で窓辺に降り立たれる貴方に恥ずかしいとか、逃げ出したいと思う前に貴方に抱きついた。

「そんなに俺に会えなかったのが淋しかったのか?」

 ぎゅうと抱き締めた私を、貴方は優しく迎え入れてくださる。その暖かさを全身で感じて、貴方がここにおられると言うことが本当だと実感させてくださった。

 私は貴方の大きな胸にすがって、何度も頷いた。
 貴方がいらしてくださるのが、何よりも嬉しいんですもの。

「今回はやけに素直だな……。おい、嬉しいと思ったなら笑え」

 くいと顔を持ち上げられて、貴方が口元を引き上げながら仰る。

 見つめ合っているのが少し恥ずかしくて、でも貴方が望むなら、貴方に気に入って頂けるなら、そうできたらな、と思うの。
 顔が熱くなった気がしたけれど、上手に笑えたかしら?

「それでいい。俺はあんたのそれを見に来たんだ。まぁ……」

 恥じらっていても俺は一向に構わないんだがな。

 そう呟かれて、軽く触れられた。
 何で? 貴方のソレで。
 何処に? 私の、唇に。

 あまりにも自然になさるから、私は動くこともできなかった。

「顔、真っ赤」
「!」

 貴方の指先が私の頬を軽くつつく。はっと我に返って、慌てて貴方の腕から逃れた。

 もう、どうしてそうドキドキさせるのかしら?
 ドキドキしてるのは私だけなの?

 少し離れた場所で、そっと振り替える。

 貴方は口元を引き上げて、少し意地が悪そうに笑っていらしたけれど、その瞳はどこか優しく感じた。
 貴方の金色の瞳にうつしだされているのが私だと思うと、胸が痛いほどドキドキしたけれど、嬉しいって思った。
 ちょっと顔をそらしてから、恐る恐る貴方をまた見て……ピタリと止まってしまった。

 みるみる厳しいお顔をされた貴方は、何を見ておられるの?

「なんだ、この、魔力の塊は……!?」

 貴方が見ていらっしゃるのは、私の作業台?

 慌てたように私の作業台に近寄られた貴方は、魔女のお母さまが置いていかれた色とりどりの人魚の髪を手に取り、私が作っている途中だったものとを交互に見比べていらっしゃられる。

 どうしてそんなに驚かれているの?

「どういうことだよこれは!」
「それはあたしの台詞よ」

 はっとして窓辺を振り返った。

 そこには少し苛立った様子の、魔女のお母さまがいらっしゃっていた。

「本当に、何もかも予想外! どこからここのことを嗅ぎつけたのかは知らないけど、一体どう言うつもり?」

 魔女のお母さまが紫色の瞳を座らせて仰った。

 怒っていらっしゃるの?
 どうして、魔女のお母さまは怒っていらっしゃるの?

「それは俺が先に言った。質問に答えるのはお前が先だろ、魔女ヴァイオレット」
「あら、あたしの名前くらいは知ってたのね。アウトキリア国の王太子キースさまは」
「嫌でも知らざるをえないからな、立場上、あんたのことは特に」
「光栄なこと、とでも言っておけば満足かしら?」

 どうして……、どうしてこんなに刺々しい会話になっているの?
 魔女のお母さまは、この方をご存じなの?
 貴方も、魔女のお母さまのことをご存じだったの?

 ぐるぐると頭の中で繰り返される疑問を伝えることができなくて、私はただ二人を交互に見ているだけだった。

「質問に答えろ、コレは何だ?」
「見て分からないの? それ以前に、人へのものの聞き方すら分からないわけ?」
「御託はどうでもいい! 俺が知りたいのは、何故“魔具”をこいつが作っているかってことだっ!!」

 荒々しく私が作っている途中だったものを、貴方は掴み魔女のお母さまへと突き出した。

 魔女のお母さまは突き出された腕を乱暴に払い除けて、魔女のお母さまよりも高い背丈の貴方を見下された。
 低い位置からでも、明らかに見下されていたの。貴方のことを!

「あたしより遥かに劣っている魔力しか持っていないくせに、調子にのってんじゃないわよ。この、若造が」
「貴様……っ!!」
「勝手に人の領域を踏み荒らしておいて、ただで済むと思ってんじゃないわよ?」

 ぱちん、と。
 魔女のお母さまが指を鳴らした。

 私は知ってる。
 コレは魔女のお母さまが魔法を使うときに、いつもすること。
 怒った魔女のお母さまが何をするかなんて、簡単に想像できるけれど。私は動けなくて……

「目障りだわ」
「なっ!?」

 貴方は、外の世界へと放り出されて……消えてしまった。
 たったまばたき一回している間に、貴方は窓の外へと消えてしまった。

 “また”の約束もなく、帰ってしまった!
 私を置いて、貴方は……!

「―――――…!!」

 慌てて窓辺に駆け寄っても、外の世界を覗き込んでも、貴方の姿は見当たらない。
 鮮やかな赤色の髪が何処にも見えないの。

 魔女のお母さまは、どうしてこんなことをなさったの……!?
 どうして、こんなことをなさるの……!?

「ラプンツェル、アレとはいつから……いや、何回会ったの?」

 疲れたように髪をかきあげた魔女のお母さまに、ゆるゆると三本指を立ててみせる。

 初めてお会いしたときに、忘れられないようなキスを落とされた。

 二回目は、激しく鳴った胸に満ち足りた気持ちを残してくださった。

 三回目の今日は……

「三回も侵入を許したなんて……。目眩ましの魔法だけじゃダメってことかしらね」

 貴方の安心する温度の腕を知って、不安を残された。

 たった三回の逢瀬だったのに、貴方はこんなにも私の心をかき乱すのはどうして……?

「もうアレがここに来ることはないわ。あたしの領域を犯させやしな……ちょっと、何で泣いてんのよ」

 涙が、勝手に溢れてくるの。
 あの方のことを想うと苦しくて、勝手に涙が流れてしまうの。

 どうしてかしら。
 私の世界には、魔女のお母さまさえいらっしゃればそれでよかったのに。
 今はこんなにも、貴方がいらっしゃらないことが苦しい。

「アレが心配なの? 大丈夫よ、アウトキリア国の王太子は魔法が使えるって有名だから。これくらいで死にやしないわよ」

 あぁ、魔女のお母さまが優しく涙を拭ってくださる。

 でも心配なの。
 あの方が無事でいらっしゃるか、お怪我などしていらっしゃらないか、心配で仕方がないの。
 あの方のこと以外を考えられないの。

「いい加減泣き止みなさい、ラプンツェル」

 涙は、止めたくても止まらなかった。
 止め方も分からなかった。

関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【08 髪】へ
  • 【10 娘】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【08 髪】へ
  • 【10 娘】へ