FC2ブログ

「BLUE_LIGHT」
Episode.0 不思議の国のアリス

35 女王の命令

 ←34 本物のアリス、とは →36 公爵夫人との再対峙

「クイーン……?」

 ノックをしても返事が無いことに疑問を覚えた帽子屋は、一応部屋の主に一声かけてから船長室の扉を開けた。
 室内は明かりさえ灯していないようで暗い。
 勝手なことをするなと怒られることを承知で、帽子屋は小さく明かりを灯した。

「……余計なことをするな」
「おや、そちらにいらしたのですか」

 腕を額に当てて光を遮るような格好のまま低く呟いたクイーンは、部屋の中央に置かれたソファーの上で寝そべっていた。
 土ぼこりで少し汚れたらしい上着を机の上に放り投げて、肘掛の部分に頭を乗せて、長い足をはみ出させながらも仰向けに横たわっている。

「やはり、無理をしたのでしょう? 魔法陣を出現させるような力を使っていたので、こんなことになっていると、思っていましたが」
「……煩い」
「私より九つも年上のくせに、子どものようなことを仰らないで下さい」

 我が儘で、高慢で、それでいて無茶をするクイーンを支えるのが帽子屋の役目だ。そんな兄であり船長を支えるのが、弟であり副船長である自分の役目だと思っている。
 手の甲をまぶたに押し当てているクイーンは、疲れきった態度を隠そうとはしない。

「力の消費率が高いのは、あいつも同じだ」
「おや、トドメを刺さなかったのですか?」

 何も返してこないクイーンに、催促するでもなく静かにその言葉を待った。

「……マッド」
「はい」
「忘れるな。あいつもアリスの妄執に囚われた一人だ」

 共通しているのは、本物のアリスを求めて、アリスを捜し求めていると言うこと。
 本物のアリスはもういない。
 その事実を、例え我が目で見ていたとしても否定し続けている。
 それは、アリスに関わったもの全てに共通することで、それほどまでにアリスは強烈で、消えることのない存在。

「……俺はまだ、あの人に会いに行くことはできない」

 苦しそうに呟かれた声に、帽子屋も小さく顔を伏せた。
 クイーンの苦しみも、公爵夫人のかんしゃくの原因も、先生がアリスに固執する理由も、本物のアリスが何かも帽子屋は知っている。
 知っているだけで、それをどうすることもできない自分に歯がゆく思っているのも事実。
 だがそれを他人に伝えることができないのも、まだ事実なのだ。

「えぇ、まだ誰もアリスを捕まえたままですから」
「あいつを認めた時点で、解放できると思ったんだがな。そう甘くもないらしい」
「アリスに近くて、遠い方ですからね」

 偽者だと主張し続けていた不思議な少女。
 彼女はアリスのような強さはないが、アリスにはない強さがある。
 それはもろく儚いものだと思うが、それでもアリスを解放してくれる存在であればいいと思う。
 そしてそれを手助けできれば、前のような傍観者にならないようにできればと願う。

「……情けないな」
「クイーンが弱音など、らしくもないですよ」

 理解している帽子屋だからこそ、こうして弱い部分を曝け出していると解っていても、それに甘えさせたいとは思わない。
 ハートの女王は、いつでも我が儘で、高慢で、自分勝手で、理不尽でなければいけないのだから。
 それでこその【不思議の国】号の船長なのだから。

「永遠に時間を繰り返しているイカレ帽子屋に言われたくない」
「では、イカレた頭を取り替えましょうか?」
「……首を刎ねて欲しいとでも言うのか?」
「さぁ、どうでしょうか。イカレた頭ではまともな判断を下せません」

 大きく息をついたクイーンは、ゆっくりと半身を起こして、尚も気だるそうな緩慢な動きで帽子屋を正面から見た。
 互いの碧い瞳がぶつかる。

「……命令を下す」
「なんなりと」
「公爵夫人に、認めさせろ」

 【不思議の国】号の偽者アリスを。

「そして、知らしめさせろ。世界に」

 【不思議の国】号が、本気で動き出すと。

「かしこまりました」

 アリスがいなければ、不思議の国の物語はずっと狂ったまま。
 それに終止符を打てと言うのだ。
 それが女王の命令ならば、従うまでだ。
 女王命令は絶対なのだから。
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【34 本物のアリス、とは】へ
  • 【36 公爵夫人との再対峙】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【34 本物のアリス、とは】へ
  • 【36 公爵夫人との再対峙】へ