FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
淡褐色と灰色

09 兄

 ←08 継母 →10 源

 グレイが家出を決行したとき、これはチャンスだと思った。

 これを逃すと、きっとグレイを守る機会は二度とないだろう。
 理由はなんであれ、あの危険で忌まわしい魔女の元から離れるのは大賛成だ。
 グレイがどう思っていようと、あれは母親と言えるような者ではない。ただの歪んだ女。美の妄執に捉われた、哀れな魔女なのだ。

「ねぇグレイ。どこに行くの?」
「どこでもいいでしょ。……ちょっと、ついてこないで」
「えー、僕は可愛い妹が心配だからね。一緒に行くよ?」

 たとえグレイに嫌われたとしても、どれだけウザいと思われていても、安全な場所にいてもらわないと困るのだ。
 この家にいては、何をされるかわからない。
 実質、グレイはゼルを留めておくための人質なのだから。

 それくらいグレイは大切な存在で、ゼルの唯一の弱点となる人物なのだ。

 唯一無二の血縁関係者であり、愛すべき妹。
 本当の母親が亡くなるとき、ゼルはお兄ちゃんだからグレイを守ってあげてね、と言われてから……いや、言われなくても守るべき存在だと思っている。

 それ故、大胆且つ慎重にゼルは動いた。
 魔女にバレる前に行動して、それでもグレイに気付かせては、悟らせてはいけない。

「僕を誰だと思ってるの、可愛い君のお兄ちゃんだからね」

 だから多少強引でも、職業斡旋所で見つけた魔女の元にグレイを連れて行った。
 見かけや力の衰え具合には驚いたが、それでも同じ魔女と言うだけで手は出しにくいだろう。
 グレイだって、仕事と言う大義名分がある。
 魔女を上手く言葉に乗せれば、何も心配することはない。そう思ってた。

 だが、これは予想外だ。

「私のゼル。私の美しい淡褐色の瞳。その瞼を閉じてはダメ。私を色とりどりに映してちょうだい」

 うんざりするような言葉。
 見たくもない顔が視界いっぱいに広がって、目を逸らすことも、まばたきでさえも許されない。
 逃げられないようにと、手足をクリスマスリースのようなしなやかな枝で縛られて満足に動けやしない。

 それでも気付いてしまったのだ。
 気付かないはずがなかった。

 部屋の前で息を殺そうと必死になっているグレイの存在に。
 三番街の魔女の元で、おとなしく守られていてはくれないのだ。

 どうしてここになんて愚問過ぎる。

「僕は世界で一番グレイが大切だから」

 グレイはゼルを救おうとしてここにいるのだろう。
 兄妹揃って考えることは互いのことだなんて、血は争えないと嘆くべきか喜ぶべきか。

 グレイの意図に勘づいた今、ゼルができることは一つ。



「グレイが無事なら、僕は死んでもいい」



「バカなこと言わないで!」

 魔女が動揺して声を荒げた。
 グレイは扉の前を駆け抜けた。

 これでいい。
 今の自分ができることは、少しでも魔女の気を引いておくことだから。
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【08 継母】へ
  • 【10 源】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【08 継母】へ
  • 【10 源】へ