FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
橙色の灯火を

05 虚無

 ←04 約束 →06 嘘つき

 暗くなった街を歩くのに、怖いなんて思わない。
 飲食店以外のお店のシャッターは下ろされて、暗がりばかりの五番街は昼間とは全然印象は違うけど、それでもわたしが生まれ育った場所だ。
 怖いことなんかない。

 キミを失ったこと以上に、怖いことなんてない。

「……あ」

 頬に冷たい何かが舞い降りた。
 空を見上げれば、白い羽のような雪がゆっくりと降ってきている。
 吐く息だって白いし、指先だってかじかんで……寒くて顔が痛い。

 ねぇ、キミはどこにいるの?

 すれ違う人を目で追いながら、わたしはキミの姿を捜した。
 戦死だなんて嘘なんでしょ。
 きっとキミはなんでもないような顔して五番街にいて、気まずくて帰ってこれないだけなんでしょ。
 なら、わたしが見つけてあげないと。

 そうすれば、キミは帰って来れるでしょ?

「あ……っ!」

 後ろ姿が見えた。
 家路を急ぐ人や、家族で歩く人たちばかりが行き交う通りで、彼だけははっきりと見えた。

 薄手のコートを着て、1人で石畳を歩いているライトブラウンの少し跳ねた短髪の……

「待って……!!」

 見失わないように、消えてしまわないように。
 わたしは必死でその背中を追い掛けた。

 キミは、死んでなんかないんだ。
 だってここに……、

「待っ……」
「え、何?」

 掴んだコートの持ち主は、キミじゃなかった。
 きょとんとした顔まで同じなのに、その人の瞳の色が違っていた。

「あ、昼間ぶつかっちゃった人だよね?」

 キミにそっくりな顔した人だった。
 不思議な色の瞳さえ違ければ、キミだと勘違いしてしまいそうな人。

 あなたと出会ってしまったから、キミも生きているんじゃないかって、そう思ってしまったんだ。
 舞い落ちる雪に、あなたがキミだと錯覚してしまいそうな……。

「え、何で泣くの?」
「……ごめん、なさい」

 寒くて赤くなった頬に、涙が伝った。

 目の前で狼狽えてるこの人は、キミと同じように困っているけど、キミみたいに涙を拭ってはくれない。
 当然だ。だってこの人はキミじゃないんだから。

「知り合いに、似てたから……」
「泣くほどそっくり?」
「瞳の色だけ違いますけど、そっくり過ぎて驚きました」

 目元を擦って、無理矢理笑顔を浮かべてみた。
 だって、この人には関係ない。キミとこの人は似ているだけで、赤の他人なんだから。
 わたしが勝手に迷惑を掛けているだけだ。

「突然、スミマセンでした」
「いーえー、探してる人じゃなくてゴメンね、ミアちゃん」
「え……?」

 どうして、名前を……。
 なんでわたしの名前を知ってるの?
 名乗ってもいないのに、どうして分かったの?

「やっぱり。籠の中身でそうかなーって思ったんだけど、当たりだったね!」
「どうして……」
「有名だよ? 夢を売るマッチ売りのミアちゃん。遺族たちの希望だってね」

 にっこりと頬笑まれながら言われた。
 その顔を直視することなんかできなくて、あなたから視線を外しながら聞く言葉は、少し意外だった。

 わたしの仕事がそんな風に言われているなんて。
 遺族の希望だとか、やめてほしい。

 だって、わたしばかりが希望になっても、わたしの希望はどこにもないんだから……。

「余計なお世話かもしれないけど。やめた方がいいと思うよ、それ」
「……え?」

 キミに気付かされて始めた仕事を、キミに似た顔の人に止められた。

「だって、それ。ミアちゃんには見えないんでしょ? 虚しくならない?」
「……でも!」
「僕だったらゴメンだなぁ。他の人ばっか見えて、肝心の自分が見えないとか」

 そこまでできた人間じゃないからかもね。

 そう言ったあなたは、無邪気な顔でわたしを傷付けた。
 虚しいに決まってるじゃないか。そんなの当然だ。
 帰ってこないキミを待ち続けることですら苦しいのに、信じていることが苦しいのに、わたしが与える救いは、誰もわたしには与えてくれないんだよ。

 そんなこと、言われなくても分かってるから。
 でもキミと同じ顔で言われるのは、裏切られた気持ちになるからやめてほしい。
 ボロボロになった心が痛むから、これ以上は言わないでよ。

「あぁ、本格的に降ってきたね」

 ふわふわとした不安定な白い雪が、静かに舞い落ちてくる。
 わたしの頬に触れたそれは、涙と一緒に溶けて流れ落ちた。

 あなたの肩についたそれは、無造作な手つきで払い落とされた。

 指切りした約束でも、そうやって簡単に破られてしまうんだって思うと、勝手に涙が溢れてくるんだ。

「やだなぁ、泣かないでよ」
「すみません……」

 頭についた雪を軽く払ってくれたあなたは、困った顔をしていた。
 勝手に傷ついたのはわたしなんだから、困るのは当然だけど。

 あなたの無責任な言葉が、冷たく刺さったのは本当のことだし、それで泣くなって言うほうが無理だ。
 だってあなたは、わたしがすがっていたいと思うものを、現実と言う壁で打ち砕いてくるんだから。
 信じていたいキミの姿で、信じることを否定するんだから。

「可愛い妹が心配してるだろうから、僕はそろそろ行くけど」
「……」
「辺りも暗いし、寒くなってきたから気を付けて帰りなよ?」

 それじゃあね、とあなたは背を向けて行ってしまう。
 人込みに紛れて消えてしまう。

 引き止めることなんかできなかった。

 あの時みたいに、引き止められなかった。
 涙ばかりが流れて動けないわたしが情けなくて、同じことを繰り返してしまう自分が嫌で。

 キミと約束したのは、間違いだったの?

 キミを信じて待っていたのは、間違いだったの?

「……ねぇ、わたしは間違ってたの……?」

 雪が舞い落ちる暗い空を見上げて、わたしは返ってこない問いかけを投げ掛けた。

 冷たい空気が、空っぽの心をキリキリと痛めた。
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【04 約束】へ
  • 【06 嘘つき】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【04 約束】へ
  • 【06 嘘つき】へ