FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
緑色に口付けを

06 運命の短剣

 ←05 夢幻と彼 →07 口付けを

 何……? 悪魔の娘の家に、一日に二回も誰かが訪れたってこと?

 アタシは一つ手を叩いて、とりあえず見苦しくないような服に着替えた。涙の跡も今だけ魔法で誤魔化して、ベッドから降りる。
 それから足を前に踏み出すと、場所が変わる。
 ここは、アタシの家の玄関。
 “誰か”の腕を捻り上げる、人間の姿のアイツ。
 それから……

「女がこんな物騒なもの持ってどうするつもりだ?」
「放してっ!」

 昼間の、白鳥女? どうしてここにいるの?
 だってアンタは、アタシがイーストヴェリアの街に飛ばしたじゃない。

 ギリギリと白鳥女の腕を捻り上げるカエル男。
 カツン、カツンと音を立てて何かが落ちた。
 小さな玉がアクセントにされた紐飾り。あれは“魔具”ね。
 それから、鈍い光を放つ……

 短剣。

「それで何をしようとしたか、言ってみろ」
「貴方じゃないっ! 貴方には関係ないっ!」
「その刃先を向けて突撃してきたのに、関係ないはずねぇだろっ!!」
「関係ないわっ! だって私は悪魔の娘に用があるんですもの! 邪魔しないで!」

 なんとなく、分かった。
 白鳥女はアタシを殺しにきたのね、あのちっぽけな短剣で。
 そんなこと、アタシがさせてやるはずないのに、馬鹿じゃないの。
 アタシなんかを恨んでいる暇があれば、元婚約者でも惹き留める努力をすればいいじゃない。
 なんて、アタシが言えた義理じゃないけど。

「セントラル陸軍軍尉ジーク・アルライド侯爵の名において、オディールに危害を加えるのは許さないからな」

 ガンと、鈍器で頭を殴られたかのような衝撃だった。
 なんでそんなこと言うの?
 アタシはアンタを拒絶したのよ?
 アンタにそんなこと言われるようなこと、してないのに!?

 なんで?

 なんで!

 どうして!?

「侯爵、貴方までその女に惑わされてしまったの!? 目を覚まして!」
「安心しろ、目はとっくに覚めてる。俺はいつだってまともだ」
「その女は悪魔の娘なのよ!?」
「だからなんだよ。俺からしてみれば、アレで人を刺そうとするお前な方が、よっぽど“らしい”ぞ」

 五百年前とは全く違う状況。
 あの時はアタシが敵だった。
 白鳥女とジークフリートさまの悲劇を作り出した原因。

 でも今は、アタシを白鳥女から庇ってくれている。
 アタシが敵じゃなくて、アタシの味方になろうとしてる。
 五百年前、そうだったらいいのにと願っていたことが、今、現実になって起こってる。
 アンタにそうしてもらえる資格なんか、アタシにはないのに。

「……離しなさいよ、カエル男」
「「!?」」

 腕を組んで、あえて冷たい声色で言ってやった。
 アンタの言葉に動揺させられたなんて、気付かれたくなんかないし。
 ゆっくり近付く。

「アンタには出ていけって言ったはずよ。こんなところで何してんの?」
「……お前、着替えるの早いんだな」
「そんなことどうだっていいでしょっ!?」

 話を逸らさせないでちょうだいっ!
 なんでこうも空気が読めないのかしら、さっきのは幻覚だったわけ?
 ううん、こんなことにいちいち目くじら立ててる場合じゃないわ。
 アタシは床に転がっていた短剣を拾い上げた。

「アンタ、用があるのはアタシなんでしょ?」
「そ、そうよっ!」
「ならカエル、邪魔しないで。さっさと離しなさいよ」

 ジークフリートさまそっくりの顔に向かって、冷たく聞こえるように言った。

 名前、ジークだっけ?
 名前はちょっとだけ同じだけど、身分は違うのね。ジークフリートさまは王子さまだったもの。
 性格だって違うじゃない? だから別人だって、ジークフリートさまじゃないって思い知らされる。

「でもな……っ!?」

 何か言い掛けていたけど、ぽんっと音を立てて煙に包まれた。酸味のある林檎の薫りが鼻をくすぐる。
 ぺたりとカエルの姿に戻ったのをみて、白鳥女は小さく声を上げた。

 あぁ、丁度いいわ。
 離せって言っても離さなさそうだったし、カエルになっちゃえば何も出来ないもの。

「それで、アタシに用があるんでしょ?」

 ゆっくりと近付く。
 白鳥女の肩が、ビクリと震えた。瞳が揺れて、怯えるような顔をしている。
 当然ね。
 アンタが憎くて憎くて仕方がない悪魔の娘のアタシが、微笑を浮かべながら近付いているんだもの。
 恐がってもらわなくちゃ、アタシが今からやろうとしていることが無意味になるわ。

「おいっ、お前何するつもりだっ!?」
「カエルは黙ってなさいよ」
「っだ!?」

 軽く腕を振って、いつもみたいに壁に叩きつけてやる。べしゃっと音が鳴ったけど、そんなこと気になんかしないわ。
 どうせまた林檎の香りを放って、ジークフリートさまそっくりの姿に変わるんだから。
 余計なことされる前に、アタシは一気に白鳥女の傍に詰め寄った。

「やっ」
「アンタが何をしようとしたか、アタシには分かってんのよ」
「来ないでっ!!」
「何言ってんの? 近付かなきゃ“刺セナイ”じゃない」

 失笑を漏らして、白鳥女の手を掴んだ。震える細い手に、短剣を握らせる。
 そんなに震えてると落としちゃうわよ?
 握る手の上から強く握り締めた。

 それから、アタシとアンタの目の前に剣先を掲げてみせる。
 鈍い光を放つそれを、互いの顔の間に持ってくるの。

「それで、アンタはこれで何をしたかったの?」
「わっ、……わたっ……」
「アンタはこれで、アタシを“刺シ殺ソウ”としたんでしょ?」

 カタカタと震える。目尻に涙がたまる。
 鋭い剣先を目前にして、やっと気付いたの?

 これが傷付ける道具だって。
 切り付けるための道具だって。

 それを可能とさせるものだってことを、こうさせることで始めて気付かさせられるんだから……。
 こうまでしないと気付けないんだから、本当に人間って愚かよね。

「ここまでお膳立てしてあげたんだから、やればいいじゃない」
「やっ……、いやっ!!」
「簡単なことよ、ちょっと力を入れればいいだけ。それとも、


 アタシがアンタにしてあげよっか?」


 目一杯に開かれた瞳。

 アタシを何だと思ってんの?
 偽善者なんかじゃないわ。アタシは悪魔の娘オディールよ?
 気付かせるだけの、優しい存在のはずないじゃない。

 囁いた言葉に、握られた手に力がこもったのを感じた。
 そしてそのまま刃先を傾けて……


 アタシの胸を貫いた。
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【05 夢幻と彼】へ
  • 【07 口付けを】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【05 夢幻と彼】へ
  • 【07 口付けを】へ