FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
白き姫君

01 逃走劇

 ←08 乙女心 →02 お菓子の家

 雪のように白い肌。黒檀のように黒い髪。血のように赤い唇の、美しい容姿をした姫君。
 深い森の奥に、ひっそりと歴史を刻み続けているかの国で、彼女は生を享けた。
 年齢を重ねるごとに美しさを増す彼女は、生母が亡くなった悲しみも乗り越え、新しい母親たる王妃をも心から迎え入れた。

 城下まで聞こえるその噂に違わず、外見もその心も美しい姫君の名はマリア。
 正式名称は途中で舌を噛んでしまいそうなほど長いため、正式な場でも早々呼ばれたためしはない。

「……はぁっ、はぁっ!」

 そんな彼女は今、逃げていた。
 国を囲むように、鬱蒼と生い茂る森の中を。
 何処に向かうかも分からぬまま、ひたすら逃げ出していた。
 姫としてあるまじきことだが、華奢な靴で走っている。

 生まれてこの方、馬車でしか移動したことのない深層の姫君が、何故走っているのか。
 それにはやんごとない理由があった。

「これでもう、追っ手は巻いたかしら……?」

 顔を隠すように深くかぶっていたローブをそっと持ち上げ、振り返る。

「いいえ、お義母様はワインの後味のようにしつこいもの。これだけの距離で安心なんかしちゃいけないわ」

 ふぅ、と深く息をつき、彼女は再び駆け出した。

「氷漬けにされてたまるものですか!」

 彼女は逃げていた。
 現王妃である継母から。
 その美しさを永遠のものにされる前に、城から逃げ出していたのだ。
 そして再び、暗い暗い森の中を走りだすのだ。







 美を尊ぶ国・スノーベルク。
 帝国とアウトキリアの中間地点よりも北に位置しているその国は、針葉樹の森を越えた先にある。
 詩人たちが天使に祝福されし美の国と表現する程、煌びやかだ。鬱蒼とした森を越えた先に広がる景色は白銀に輝き、森を越える苦労をも吹き飛ばしてしまう程である。
 繊細な彫刻、レース模様や幾何学模様の刻まれた建物。その一つ一つがどんよりとした灰色の空の下、白く輝いている。雪をモチーフとした繊細で洗練された、町並み。
 城下を過ぎたその先に聳え立つのは、ぼんやりと輝いているかのように錯覚してしまう、白銀の城。
 その城の主である国王は、国務に忙殺されていると言う。

「本当に、愚かな国民ね。この美しい国には不釣合いだわ」

 あくまでも噂でしかないが、城下で国務怠慢によるしわ寄せがきていないが為に、国民はそれを疑いもしない。
 それは彼女にとってとても好都合なのだが、この美しいとされる国の住民が愚民では、美しさを損なってしまう。

「いずれ、この国の美を損なう者はすべて、硝子細工にでも変えてしまおうかしら」

 真っ赤な爪先で、同じくらい赤い唇をとんとんと叩く。
 彼女が悩むときの癖だ。

「まぁ、それは二の次でしょうね」

 そう、まず始めに、この国に嫁いできた目的を果たさなくてはならないのだから。
 そんなに見栄えもしない、彼女の美しさの基準で言えば美しくない国王と婚儀を挙げたのも、全てはこの目的のため。

「さぁ、鏡よ鏡。私の問いに答えなさい」

 美しいものを集める崇高な趣味を持つ后は、真実の鏡に向って、歌うように問いかけた。

「世界で一番美しいのは誰かしら?」

 ぐにゃりと鏡面が歪み、そこに映し出されるものを変える。
 姿を正反対に映す鏡面に映るのは、后ではない。

 雪のように白い肌。黒檀のように黒い髪。血のように赤い唇の、美しい容姿をした姫君。
 随分と前からこの問いに答えるときに映し出される、この美しい少女。

 后は真っ赤な唇に笑みを乗せ、ゆっくりと微笑んだ。

「私の美しく可愛い義娘は何処かしら?」

 ぐにゃりと、鏡面が歪む。
 映し出されるのは、深い緑が光を細くしか地表に届けない針葉樹の森。この国の周りをぐるりと囲うように生い茂るその森で、目当ての少女は懸命に走っていた。
 その美しい容姿を隠すように深くフードを被っていても、その気品までは隠せやしないのに。

「逃げる必要なんてどこにもないのに、愚かな子」

 年を重ねるごとに美しさを増す少女。
 だがそれもいつしか限界が来る。美しさは損なわれ、衰えてゆくのだ。

「永遠に美しいままでいさせてあげると言っているのに、自分の美しさに気がついていないのかしら?」

 まぁいいわ、と彼女はそっと鏡の前から窓辺へと移動した。絨毯の敷かれていない部分で、こつこつと己の足音が響く。

「その美しさも、すぐに私のモノとなるのだから。今はせいぜいお逃げなさい」

 その美しい容姿を損なわない限り、私は優しいのだから。
 后は赤い爪にそっと口付けた。どこかで爽やかな林檎の香りが漂った気がした。
 それを確かめることができるものは、いない。
関連記事
スポンサーサイト





総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【08 乙女心】へ
  • 【02 お菓子の家】へ
  • Tag List 
  •  * |
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【08 乙女心】へ
  • 【02 お菓子の家】へ