FC2ブログ

「Hazel amd Gray」
虹色の笛の音は

09 終わりの始まり

 ←08 ラストパレード →01 一目惚れ

「怪奇! 闇夜に響く笛の音色。子どもたちの行方は何処!? だってさ」
「ゼル、サボってないでちゃんと仕事して。私さっきそこ拭き掃除しといてって、ちゃんと頼んだわよね?」
「休憩だよ休憩! ちょっとくらいならヴァイオレットも許してくれるって! ねっ?」
「ね? じゃなくて」

 三番街にある紫色の魔女の家で、二人は今日も下働きの仕事をしていた。
 ヴァイオレットは相も変わらず部屋からでることはできない。だが、それでも今回の事は全て見通していたのか、グレイが帰ってきた後も、特に何も言いはしなかった。

「一日? ううん、二日も仕事を休むなんて、追い出されてもおかしくないのよ?」
「ヴァイオレットがそんなことするはずないじゃないか。それに、猫だっていなくなったんだから、そうこまめに掃除しなくてもいいと思わない?」
「思わないわ。掃除は毎日やるものよ、ゼル。働いて」
「はいはーい、分かったってば。だからそうやって睨まないでよまったく、僕の妹はしっかりしてるから自慢できるのは嬉しいんだけどさ」

 ブツブツ言いながらも新聞を置いて箒を手にしたゼルは、褒めているのかけなしているのか良く分からないながらも、部屋を出て行った。

 今、この家にアンバーはいない。
 呪いによって猫に姿を変えられていたアンバーは、ロットバルドと言う名の悪魔によって呪いを解かれた。元の姿に戻ったのだからと、王城に帰るのは当然のことなのだが、どこか寂しいと思えた。
 彼には帰る場所があるのだから、とその言葉は伝えなかったが。

「そもそも人間の姿と言うのが、変に感じるのよね」

 猫の姿でともに過ごしていたために、元の姿に戻った彼をアンバーだとは思えない。ゼルもグレイも、そこだけは意見が合致していた。
 ……猫になじみすぎて、元の姿に戻った今でも猫の仕草をしていないといいけど。
 そんなことを思いながら、グレイはゼルが置いて行った新聞に、ふと目をやった。

『奇怪な笛の音が鳴り響く奇妙な深夜。それも今では何事もなかったかのように途絶えている。謎の笛吹きの存在も、その目的も不明のまま。これで本当に終わりなのかは定かではないため、無事に解決したとは言えないだろう』

 そんな文字が並んでいた。

「誰も、真実なんか分からないままよ」

 彼の国が何処にあるのか、彼等は何処に消えたのか。分からないものは分からないままだ。
 記事は尚も続く。

『調べによると、消えた子どもは誰もが戦争孤児や家族をなくし、天涯孤独の身になったものばかりだった。四番街、三番街にも失踪者は出ていたものの、どの下働きの子も同じような境遇の者ばかり。未だ行方が分からないままの彼等だが、雇い主以外に気を配られる者がいないとなると、少々哀れな話である』

 だからこそ、ゼルは止めたのだろう。心配してくれる者がいたとしても、それは肉親のような絶対的な信頼が寄せられるものではない。
 パレードに向かわせた方が幸せだと、それが彼等のためだと。そう思い込むようにしているが、未だにその判断が正しかったのかは分からない。

 あの日の出来事は、まるで夢のように感じるくらい、今の日常が平和だった。穏やかな日々、帰る場所がある自分。自分を捜しに来てくれる人がいる。血を分けた兄妹がここにいる。それだけで、十分だ。
 だからこそ、それを失いたくはない。今回悪魔などと言う者と関わりを持ってしまったのだが、悪魔よりももっと手ごわく、立ち向かわなければならない相手がいるのだ。
 そして、もうすぐその相手と決着をつけないといけないと言う事も、グレイにはなんとなく分かっていた。

「ねぇ、グレイー」
「何? 燃えるゴミは外のゴミ箱よ」
「そうじゃなくてさ」

 グレイはそっと新聞を折りたたみ、元の場所に戻す。
 そして玄関で己の名を呼ぶゼルの下へと駆け寄った。

「さっき、家の前で青い顔していた郵便配達のお兄さんから受け取ったんだけど」
「あぁ、この家に近寄りたくないのに律儀に郵便を届けてくれるなんて。逃げてったでしょ? その人」
「そうそう、変だよね。別に慣れれば普通なのに」

 まぁ普通は慣れないと思うけど。
 そんな呟きは胸にしまって、グレイはゼルが持つものを見て首を傾げた。

「招待状?」
「そう、それも変だよね? ヴァイオレットだけじゃなくて、僕らの分まであるんだ。今度の王子様の結婚式の招待状」

 王家の紋章で封をされた白い招待状は、グレイの予感が正しいものだと告げているかのようだった。


 To be next.



メインはハーメルンの笛吹男
サブメインは特にないです
シリアスとギャグのミステリーもどき
関連記事
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ 3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ 3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ 3kaku_s_L.png 零れ話
総もくじ  3kaku_s_L.png BLUE_LIGHT
総もくじ  3kaku_s_L.png ARUTOYU_MA
総もくじ  3kaku_s_L.png Hazel amd Gray
総もくじ  3kaku_s_L.png 零れ話
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言
  • 【08 ラストパレード】へ
  • 【01 一目惚れ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【08 ラストパレード】へ
  • 【01 一目惚れ】へ